思いやりのかけらも無い人 1

 皆さんこんばんわ。一度も紅葉を見ない間に冬がやって来ました。昔の誰かの歌で、
千早ぶる神代も聞かず竜田川からくれないに水くくるとは
という素晴らしい歌がありましたが、唐紅を見る事もなく冬を迎えるのは悲しいので、明日、近くのお寺に見に行こうと思います。
 さて、この前、このようなエントリ−を書きました。
エロじじい成敗 1
エロじじい成敗 2
 Pさんが注意してくれてから一ヶ月もしない間に、また言いやがりましたよ、あのエロじじい。私は、ああいう人は、注意された所で直るもんじゃない、必ずまた言うだろう事は分かっていました。
 そして、ヤツが「ここはエロイ事が言えないから云々」と言った事もPさんに報告しました。しかし、Pさんから返ってきた言葉は、「自分が直接言われない限りは、どんな考えを持とうが、何を語ろうが、本人の勝手だ。」だったのです。なるほどそうだな、と思ったから、今回は我慢しましょう、あの人もここを辞めさせられたら、次がなかなか見つからないかも知れない、Pさんが注意したのだから、今回は、Pさんの顔を立てましょう、Pさんも言いにくい事を言ってくれてるんだし。と思っていました。
 そして、Pさんにしても、いきなりクビにするのはかわいそうだし、注意して直るんなら、と思って注意しただろうに、ヤツは、そんな、二人もの思いやりも理解してなかったようですよ。
 それ以前に、あんな事を言って注意されたなら、普通は(というより、普通の人はまずあんなことを職場で言わん)、「嫌な思いをさせて悪かったな。」と反省し、言わないように努めるものでしょう。それが、人間としての最低限の思いやりというものじゃないですか。しかし、ヤツは反省するどころか、「ここはエロイ事が言えんけん、面白ないなあ。」と言ったのですよ。そのとき、私は「こいつは又必ず言う。」と確信したのですが、当たりました。
 仕事をしている時に、ある製品の手直しをしていたのですが、そのエロじじいに手伝いを頼まないといけない状況になって、頼んで、一緒にしていたのです。そして、年齢の話になり、私が35だと分かると、「ほんなら、初体験はいつすませたん?35やから、もう済ましとるわなぁ」ですってよ(激怒)。
殺すぞ。
と思った私は間違ってますか。
 ええ、深く失望しましたよ。ヤツは、私の、ぎりぎりの思いやりもPさんの心遣いも全て無視したのです。思いやりのかけらも無いとは、この人の事だと思いました。ヤツには、娘と孫がいるそうです。娘がこんなことを言われたらどんな思いをするかとか、考えもつかないほどの人でなしなんですわ。
 もちろんPさんにちくりました。またも呆れて笑うPさん。笑い事じゃないっちゅうに。そして、「分かった、もう今度は本気で行くわ。きちんと注意しとく。」とのお言葉。
 「おいおい、前は本気で言うてなかったんかいな。」と一抹の不安を覚えたのですが、「それでもまた言うたら、今度は辞めてもらう。」との確約をいただきましたが、そのような事も、前も言ってませんでしたか?と又不安になる私。
 もういいです。今度は無いのは、私も同じです。もし今度言われたら、その場で退職願を書かせて頂きます。その上で、告訴です。セクハラ発言で告訴されたとなると、嫁さんや娘や孫から軽蔑され、きっと独り寂しい晩年を送る事になるでしょうね。その中で、
口は災いの門
という言葉をかみしめて、失意のうちに朽ち果てろ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

呪いの缶コーヒー 2

 その日(昨日)は、すごく忙しかったのです。ヤツには、またも「納期が近い物は、現場に督促をかけろ」と言われるも、10月6日納期の物を、いきなり今朝の十時前に「今日、昼イチで納品してくれ」と取引先から要求されたため、とりあえずヤツは放っておいて、現場に督促をかけながら、十時の納品もあるのでとにかく納品し、そしてPさんに相談し、「そんなん無理やろ。まあ、とにかく、在庫がある物は引っ張りだして、あとは、出来とる物だけ行っときな。」と言われ、その通りにし、ご飯当番もあり、十二時半から課内会議があるので、昼食も食べずに、その納品準備をしました。そして、Pさんが二時に取引先に行くというので、ついでに納品してくれる事になり、二時過ぎまで待ってもらい、とにかく納品。
 しかし、休む暇もなく、三時の納品。そして、メッキ出し。そして、翌日納品のために、溶接依頼している物の納品日を聞き、その日だというので、ヤツに取りに行ってもらい、五時で上がり。そして、昼食を食べたのは、五時半でした。
 そして、お花の稽古に行き、会社に帰ってきたら、ヤツに説教されましたよ。
 明日が納期って分かってるんやし、何で、俺が前から督促かけろと言っているのに、しないんだ。面倒な事を先延ばしにするから、そうなる…
 そうですね、正しいですよ、あなたのおっしゃってる事は。でも、あなたタイミングが悪いんですよ。最悪です。取引先の無理なお願いのために現場に走り回り、お願いして回り、急いであげてもらい、自分は在庫を引っ張りだし、ご飯も食べずに、とにかく間に合わせるためにやった後に、それを言われてごらん。誰だって、腹が立ちますよね?しかも、私です。
 切れましたとも。心の中で。
 実は、24日に島に帰り、祖父のお墓参りをしたのですが、病んだキャンディーはもう効かないと悟った私は、島にありがちな、賞味期限切れのジュースを狙って、自販機で缶コーヒーを買い、期限切れではないけど、期限の近い(今日が期限)ブツを二度目の挑戦でゲットしていました。ええ、もちろんヤツに飲ませるためです。しかも、期限が過ぎて、一週間目くらいに飲まそうと企む、大人げない上に性格の悪い私。( ̄皿 ̄)うしししし♪
 でも、ごく最近ですが、不覚にも、「ヤツも頼りになるし、ええ所あるやん。やっぱりやめようかな。大人げないし。」と思い始めていたんです。……………
 撤回です!!(激怒)
 ので、呪いの缶コーヒー計画は、実行する事に決めました。この負の情熱を、どうか、ヤツに分かってほしい…。
 ちなみに、周囲の人も、その人には困り果てていて、何とかならんのかと思っているので、私の計画は、非常に楽しみにされていたりします。 ( ̄皿 ̄)うしししし♪
 子供っぽいとは分かっているんですけどね。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

呪いの缶コーヒー  1

 みなさんこんばんわ。なんだか、仕事をしているうちに、慌ただしく日々が過ぎて、いつの間にやら秋です。
 去年、秋物を結構買ったつもりでいたのですが、意外にも少なく、どうしようかと思っている最中です。
 さて、今私には、会社に憎き天敵がおります。
 そやつは、人の状況を考えずに、あれしろこれしろと言い、人のペースを乱すのです。顔は金本選手似(どうでもええ)。体も顔もでかく、しかも態度もでかい。威圧感満点なのですが、だからといって、ヤツのペースに合わせていたら、身も心も持ちません。適当に放っといたのですが、放っておくと、ヤツにいろいろ説教される。
 そして、ヤツは、人の席の棚にあるキャンディーを勝手に持って行く。だから、私は考えました。
 人の机の上の物でも勝手に食うのだから、自分の机の上に置いてあったら、何の疑問もなく食べるだろう。
 置いてやりました、病んだキャンディーを。病んだキャンディーとは、賞味期限を過ぎていようがいまいが、とにかく、長期間置いて、べたべたになったキャンディー。さて、ヤツはどんな反応を示すか…。
 …平気でしたよ。私が、「Aさん、机の上のキャンディー、食べたんですか?」と聞くと、「うん、食べたで、病んどった分やろ?あれ、台風さんがくれたんな。」と、満面の笑みで答えるヤツ…。
 しかも、ヤツは、何と、そのキャンディーの一つを、私のちょっと仲のいい先輩にあげてしまっていたのです。その先輩からは、「台風さんのキャンディー、僕食べさされましたよ。」と、恨み言を言われる始末。
 …なんでそうなる。まあ、ヤツからもらったのが、Pさんじゃなくてよかったです(ひどい言い草)。
 懲りない私は、又、机にキャンディーを置きました。しかし、その場面をヤツに見られたので、ヤツは、また、私の仲のいい先輩と、ちょっとかわいい、最近うちの課に移ってきた男の子にあげたのです。仕方なく、私の嫌いなのど飴をあげたのですが、私一人がひどいヤツになり、ヤツは、又満面の笑み…。
 そうこうしているうちに、事件は起こりました。
 続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり気になる仕事 2

 そして今日16日。二時頃に会社に出向くと、私の机に、謎の書類が。そこで、休日出勤をして今がチャンスとばかりに書類の整理をしているPさん(私の机上に書類を置くのは、大体Pさん)に、私の机に置かれている謎の書類の意味を聞き、明日からの仕事の確認をしました。
 いえ、書類についての簡単な指示は書いていますよ。でも、終業時にはなかった書類が、休み明けの朝にあるという事態が起きた際の新入社員の焦りを理解して頂きたい。
 始業してからは、みんなばたばたして聞けないだろうし、第一、そんな簡単な指示だけで分かるわけないじゃん、バカ(読んでないと思って言いたい放題)。
 そして、経理の要注意人物のおばちゃんと、この前食事をした女の子とちょっとだけ会話して退社。
 その時に、私も言わなきゃ良かったんですが、おばちゃんに「昨日も来るかと思ってたのよ〜」と言われ、つい「いや〜、仕事をしている夢を見たんですよ〜」と答えてしまい…。言われましたよ。
 「じゃあ、夢にPちゃんが出てきたでしょ?」
 …何ゆえ?いつも子犬のようにPさんを追っかけて、仕事を聞いていたのがいかんかったのでしょうか。
まあ、「残念ながら、出てきませんでした〜」と言って、交わして(?)来ましたけどね。
 前の事も含め、気をつけようと思いかけましたが、友人に言ってみると、「それは、あんたの考え過ぎ。」だそうです。特別に気をつける事はないようです。言ってみただけだったんですね。ていうか、本当に、話のついでだったんですね。それを、私が変に意識するから、変な解釈になり、こうなるのだと分かりましたよ。
 「図星を突かれるから、怒るんだ」という言葉を聞いた事がありますが、意識しているから、いちいち気になるんだと言う事もありますね。
 さて、私はあれから、なぜかサザンの「ラブアフェア〜秘密のデート〜」のDVDが欲しくなり、CD屋さんを漁りましたが、なかなか、収録された最近のDVDがない。ということで、こちらを訪れてくださった方の中で、サザンに詳しい方が折られたら、情報をお願いします。
 ちなみに、香水で最近興味があるのは、ジバンシィの「ランテルディ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり気になる仕事 1

 皆さんこんばんわ。昨日、エントリの最後の方に、部落解放同盟にむけての嫌味をちょこっと書くと、いきなりココログからのトラバに「身元調査」のサイトがついて、ちょっと、そこまでは、と引き気味の台風です。
 さて、今日は、やっぱり行ってしまいましたよ、会社に。何なのでしょうか。いつから私はそんな会社人間になったのでしょうか。と言っても、二十分くらい、安心料のために行っただけですけどね。残業代は、もちろん出ていません。
 考えられる理由は一つなんです。そもそも私は、今までサービス業と言う、土日だのお盆休みだの正月休みだのとは関係ない仕事をしていました。なので、お盆休みとか、三日以上の(私にとっては)長期休暇という事態に慣れていないのです。新しく入ってきた同僚(サービス業ではないが、超多忙な前職だった)が「こんなに休みをもらっても、使い方を知らない。」と言っていましたが、正にそう。
 さて、私のお盆休みは10日〜16日だったのですが、落ち着かない私は、12日までは普通に出勤(ていうか、普通に九時までお仕事)。13日はお見合い&お墓参り(泊まり)。14日は、会社の中で仲良くなった人とお食事。
 あ、念のために書いておきますが、仲良くなった人とは、既婚者の気の合う同僚でもPさんでもありませんよ。ていうか、そんな人と食事して何が楽しい。自ら地雷を仕掛けて踏むようなまねはしませんよ。
 15日は、総理が靖国に参拝しただの何だのと言う暑苦しいワイドショーのリポートに飽き飽きし、護国神社にお参りして、自分なりに英霊の方々に感謝&願掛け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気をつけなければいけない人

 皆さんこんにちは、お久しぶりです。今日は、とても暑いですね。暑いといつも軽井沢に住みたくなり、寒いといつも沖縄に住みたくなる、常に楽をしていたいと思うヤクザな性格の私です。
 そんな中、今日はお茶会でしたが、そんな堅苦しいものでもなく、楽しめました。
 さて、皆さんは、人を見る時、こういう人は注意しなければならない、と心で予防線を張る基準や法則はありますか?私はあります。そして、その基準に当てはまる人が、なんと、会社にいます。
 私は、初対面の、あまり良く知らない頃から「あなたは素晴らしい人。」とか「優秀だ。」とか褒めちぎる人は、絶対に信用しません。そういう人は、大体において、自分の勝手なイメージをこれ又勝手に押し付けているので、そのイメージにはまらない行動をとられると、勝手に裏切られた気持ちになって、手のひらを返すのです。全てが勝手で、わがままなのです。要注意です。
 彼女は言いました。「悩みがあったら、何でも言ってね。相談せずに辞めて行かないでね。仕事の事は分からないけど、それ以外の事は、相談に乗れるから。」と。
 しかし、率直に言わせてもらえば、そう言ったにもかかわらず、何人もあなたに相談せずに辞めていくという事は、あなたが原因じゃないのですか?と。そして、職場の同僚に、仕事以外の事で、何を相談するというのでしょうか。大体、この年になってまで、あまりよく知らない人にまで悩み相談するほど、私は孤独な人間ではありません。
 昨日は、休日出勤でした。直属の上司に、金曜日に「明日出勤していいですか?」と言い、了承してくれましたが、「午前中は納品して、午後は書類の整理をしてくれたらええよ。」と言われ、「やっぱり朝からですか(疲)」と思いつつも、午後十一時前まで頑張っていました。(ただ残った仕事をしていただけですけどね)
 そのとき、その要注意人物が、他の上司に言ったのです。「○○ちゃん、△△さんから電話かかってたよ。あなた電話中だったから、後でかけ直すって言ったけど。」その人は、実は電話をしてなくて、「いや、俺してないよ。」と言ったのですが。
 そうすると、驚愕の答えが…。その人は「言い放ち」ました。「してたの!!」と。それを聞いて、苦笑して顔を見合わせる上司二人。
 言うまでもない事ですが、してないと言われたくらいで、あんなに怒ったように叫ぶって、おかしい。普通なら、「あ、そう?じゃあ、私の勘違いかな。」でいいじゃないですか。どうして、そういう風に言い返す必要があるのか、はなはだ疑問です。
 そんなちょっとの事ですが、私は、早くも彼女の正体を見た気がして、げっそりしました。何と言うか、人間としての品はどうなの?と。
 明日からまたお仕事です。実は、まだまだ仕事が残っていて、今日も会社に行って片付けたい。まあ、でも、今日は休みましょう。
 ちなみに、お盆休みは、最初の二日は出てこないと行けないそうです。又朝からですか…あ、いやいや。

| | コメント (3) | トラックバック (1)