竹ちゃんのうどんを食べたい 2

 ここで、私の、最近のうどんブームに対する気持ちを書いておきますと…。なんというか、「うどんって、ツアー組んでまで食いに来るようなもんちゃうやろ。」なんです。「これだから、県外人は〜」というわけではなくて、うどんって、作業着のおっちゃんや田んぼ帰りのおばちゃんたちがお昼によるようなイメージがある。いわば、生活の食べ物と思っていたので、あそこまで頑張ってこられる事に、ちょっと戸惑っております。こっぱずかしいんですよ。「そんなたいそうなもんと違うよ。」みたいな。という事で、県外の皆さん、うどんを食べに来る時は、おしゃれ無用です。ていうか、おしゃれしとったら目立つがな。できれば、作業着やかっぽう着が好ましい(無理言うな)。でも、県外の方々が、うどんを食べにきて、おいしいと感じてくれるのは、うれしいと感じています。
 しかし、竹ちゃんのうどんを食べたい…。テレビを見ていても、彼はいつもニコニコしていて(しかも男前)、客商売に向いているんじゃないかと思います。嫁さん募集中だそうですので、彼のうどん屋のおかみさんになりたいと思う女性は、北海道の羅臼町まで(今は違う所かも知れない)どうぞ。
 ていうか、私がかみさんになりたいと一瞬思った。でも、年齢的に無理(容姿の事はあえて聞くな)。
 うどん屋さんは、何となく、家族でやるイメージが強いですからね。彼とかわいい(がいな人でもいい)嫁ちゃんがやってる所を想像したりして、ちょっと微笑ましい気分になる私です。でも、竹ちゃんが独身のうちに食べに行きたい、というのが本音でもあります。
 久しぶりに、ちょっとした恋心を味わえて、ほのぼのした気分になった35の秋。という事で、タイトルも変更
 竹ちゃんに会って、うどんを食べたい
 おいしいゲソ天お願いします。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹ちゃんのうどんを食べたい 1

 皆さんこんにちわ。今日は、夜、友人と食事に行くので、今更新です。昨日は休日出勤で、昼までの予定が、なぜか五時まで。自分の要領の悪さに失望しつつ、残業超過申請をせずに帰ってきました。でも、帰ろうとしたら、Pさんから「悪いけど、帰る前にお客さんにもう一回お茶出して。 」と言われて、更に残業時間が延びて、「あんた、あんまり残業してほしくないんと違うんかい。」と思ったのは秘密です。
 さらっと書きますが、この一ヶ月、発作の再発が無ければ、病院の予約はキャンセルでいいと言われていましたが、後少しという所で、また発作が起きたので、月曜日は病院でございます。しかも、この前の会社の健康診断で、「貧血の精密検査が必要」という結果が来ました。生理前の情緒不安定に、過呼吸発作に、貧血…。ちょっと前までは、健康体を誇っていた私がこの有様とは。ちょっとショックです。
 さて、今日は、「新婚さんいらっしゃい」をいつも見ている父がいないので、何を見ようかと、チャンネルを変えていたら、ちょうど、やまうち画像)といううどん屋で修行を積んだ京都の青年が、京都に店を開いて頑張っている、というドキュメンタリー番組を見つけて、見ていました。
その青年については、ここを参照してください。
Town2006年9月13日号の話題〜車の移動式屋台で全国武者修行の旅へ
本場仕込みの讃岐うどん手に 綾部市西方町の竹原友徳さん〜

 おおおお〜。好青年ではないですか。テレビで見ても、彼の姿勢が、非常に好感が持てる。
 香川に住んでいるのに、なぜにわざわざ他県にうどんを食べに行かないかんのか、と常々思っていましたが、彼のうどんを食べてみたい、と思いましたよ。しかし、彼は、うどん修行のために、車で全国行脚中とか。今は北海道らしい。早く、近くに来てほしい…。というか、もとの綾部のあのロケーションで、再開してくれないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

頼むからこの男を不敬罪で逮捕してくれ

 皆さんこんばんわ。私の住んでいる町では、今日、花火大会でした。この年齢で母と一緒に見に行く私ってどうですかw
 さて、反戦反靖国特集も収束に近づいて、やれやれと思っていたら、今朝、ものすごい物を見てしまいました。それは、靖国参拝に関して、コメンテイターや国会議員が討論するという物でしたが、その中に 山谷えり子参議院議員が出演されていましたが、TBSの思惑通り、首相の靖国参拝反対、A級戦犯合祀反対、代替追悼施設賛成の流れになる所を、確かな知識と上品なお言葉で、一つ一つ反論しておられました。
 どうして、いつもいつも、真の愛国者の女性は、このように上品なのでしょう。先日も東条由布子さんをTVで拝見しましたが、彼女にも由布子さんと全く同じ印象を持ちました。
 しかしですね、何ですか、この司会者は。山谷さんが話しておられるのに、途中で切って、感情にまくしたてる。自分の思う進行と反対の意見は、少しでも言わせないようにと必死。
 討論番組をよくご覧になる方は、「何だ、それくらい日常茶飯事じゃん。」と思うでしょうが、この司会者は、その遥か上を行っていた。いや、正しい言葉を使うとしたら、遥か下を行っていた、と書くべきでしょうか。
 天皇陛下の靖国参拝に言及した時、山谷えり子さんが、天皇陛下が参拝できなくなった事、でも、例大祭には勅使を遣わされている事を丁寧に説明した時、
「マスコミなんて関係ないじゃないですか、参拝すりゃいいじゃないですか。なんで参拝しないんですか。」
 正直、私は、こんなひどい司会者は、未だかつて見た事がありません。しつけのなってない子供の発言ではないし、家の中で喋っているのでもないのです、れっきとした大人、しかも、TVでしゃべる事を生業としている人間のTVでの発言ですよ。更に言うならば、普通の人に対してじゃないのです。
 TVに出演して、しかも司会業をするならば、それなりの言葉遣いを勉強して、徹底するべきでしょう。分かりますか。この男は、恐れ多くも、天皇陛下に対して、TVで、上のようなことを言ったのです。
 私は、もう、これ以上この番組を見たくなくなり、時間がなかった事もあり、電源を切りました。山谷えり子さんのお話を聞きたいという欲求よりも、その男を見たくないと言うマイナスの感情が勝ってしまったのです。
 以前から、大げさな喋り方と、おば樣方に対して「お嬢さん」と見え透いた台詞を吐いたり、普通にバランス良く食べていれば良い食品をいちいち取り上げ、それを日替わりで放送して、消費活動に大いに貢献し、人生相談に親身に乗る振りをする所と顔が下品そうで嫌だったのですが、「下品そう」から「品性下劣」に格下げです。
 皆さん、大体予想がついたかと思いますが、この男の名前は「みのもんた」。そして、私が朝っぱらから見てしまって、不愉快最高潮になったのは、おそらく、この番組のせい。
 どう見てもおばちゃんだろと言いたくなるような女性陣に対しては「お嬢さん」とべっとりと張り付くような気持ち悪い台詞を言って機嫌を取るくせに、恐れ多くも天皇陛下に対して使う言葉が「すりゃいい」「しないんですか」ですか。あなたの正体、見させてもらいましたよ。
 しかも、できない理由を、山谷えり子さんが丁寧に話しておられるのに、それも聞こうともせずに、「天皇陛下は参拝しろ」って、どこまでも失礼な人ですね、あなた。
 私は、天皇家を敬愛する方々ほど天皇陛下万歳という人間ではありませんし、皇室アルバムと言う番組を見ていても、申し訳ないのですが、退屈と思ってしまう人間です。しかし、皇室に対する敬意は、普通の人と同じようには持っています。だから、この男の言い方だけは、どうしても許せなかった。
 私は、この男を名司会者として、何本もレギュラーを持たせる事に、多いな疑問を抱きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

納期、納期、納期… 1

 皆さんこんばんは。毎年、終戦記念日が近くなると、「戦争の悲惨さ」を語った番組が組まれ、その中でもある特有の思想を持ったテレビ局なんかが「いかに靖国参拝が非常識な事か」という、およそ日本に生まれ育った人間が持つとは思えない思想を垂れ流していますね。
 そんな中、今回もやってくれましたよ、TBS。電波停止勧告を受けているというのに、何を考えているのでしょうか。やけくそなんでしょうか。私がちらっと見たのは、中国人留学生に靖国を訪れさせて、いろんな不快感を語らせる、というものでした。
 その中でも、中国人留学生が言っていました。「以前は、(靖国を肯定する)日本人に対して嫌な感じを持っていたけど、肯定する人ばかりじゃないんだと知って、うれしかったです。」
 え〜、はっきり言います。私たち日本人は、あなた方中国人を喜ばせたり怒らせたりするために、靖国参拝に賛成したり反対しているわけではありませんよ。いや、反対している人たちの中には、あなた方を喜ばせようとしている団体もいるでしょうけどね。
 外国から、日本について学ぶために来ているくせに、日本の精神性を理解しようとしないその姿勢は何なのでしょうか。ていうか、宗教を一切認めない共産国の人間が、宗教法人である靖国に特別な思いを抱く所がおかしい。宗教を認めないならば、「あんな所に神様なんていないのに、変な国。」というのが妥当な感想だと思うのですが、いかがですか。
 そして、共産国の、特に中国のもう一つの特徴が、「言論統制の国」であるということです。中国政府に留学を認めてもらった人間など、どんな教育を受けているか、中学生くらいになれば、簡単に想像できるはず。そんな人間の言う事を、「日本の被害を受けたかわいそうな国の人」の言葉として垂れ流すTBSは、もはやまともなテレビ局とは思えない。
 本当に、公正を謳いたいならば、台湾からの元高砂義勇兵の方々のインタビューもとってくればどうですか。彼らは、毎年靖国神社に参拝しているそうですが、賛成の立場の意見も流してみたらどうですか。
 私が、TBSに欺瞞を感じる理由は、以上であります。
 なんだか、前振りが長過ぎて、本題が飛んでしまいそうですが、2で本題です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

数日間のどんでん返しへの違和感

 皆さんこんばんは。探しても探しても、あるはずの納品書が見つからず、たかが入社一週間強で、早くも出社拒否に陥りそうです。全部上司に振りたいのですが、前任者が私の名前を言っているため、納品先の業者さんは、私に苦情を言ってくるのでした。

 さて、欽ちゃんが数日前とは一転、球団の解散宣言を撤回しました。ファンの皆は喜んでいましたが、私は、なんだかなぁ、と覚めた気持ちでいます。

 だって、自分のチームが遠征しているときに起こした不祥事だったので、責任をとって、解散を決めたのでしょう。だったら、何百万署名が集まろうと、それを通して欲しかったですね。

 なんというか、「勢いに任せて言っちゃったけど、どうしよう」と思っていたところに、援護射撃がきて、「ああ、良かった、これで続けられるよ。」という感じがして、どうも、しらけるんですよね。単なるパフォーマンスだったんでしょうか。あれで本当に解散しておけば、男をあげたのに、と思ってしまいます。

 それから、これを言うと、重箱の角をつつくことになって嫌なのですが、気になるので書きます。

 解散宣言のときも、どうも真剣みに欠けるというか、それが欽ちゃんのキャラといってしまえばそこまでなんでしょうが、本当に悪いと思ってるの?と疑問を抱かせるような言い方だったし、そもそも、今回の不祥事を起こした山本という男は、以前から破廉恥な行為をしてスクープされていたのですから、最初から入団させなければ良かったのです。

 私は、そういう男を入団させた責任をとって、解散するのかな、きっちりしてるな、と思ったこともありましたが、会見を見ると、先ほども書いたとおり、どうも本気で言っているようには見えない。何だ、一応、責任をとるところを見せたかっただけじゃん。まるで三文芝居というか、出来の悪いコントを見ているようで、すっきりしなかったのです。

 欽ちゃんのファンの方々、すみません。もしかしたら、私は、人より冷たいかもしれないし、ひねくれているのかもしれない。しかし、この違和感はどうしようもなかったのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)