« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

日本のスイッチ 台風3号

 皆さんこんばんわ。今回、更新が遅れたのは、26日から29日まで台湾に行っとったからです。そして、田舎住まいの私は、関西国際空港8時集合に間に合わせるために、『ジャンボフェリー』関西空港プランを使ったため、前日の夜中から30日早朝までの旅となったわけです。
 一言感想:マジで住んでみたい。
 では、第三回目の(かなり遅めの)日本のスイッチです。
 日本のスイッチ毎日新聞が毎週行っているアンケートで、携帯電話で簡単に参加できます。
 先週の参加人数は34406人で、私と同じ答えの人は1912人でした。
 では今週の日本のスイッチ、参ります。

1. 今まで宮崎県に足を踏み入れたことが
   あります
  ○ないです

弟なら○だけど。

2. 私が県知事になったことで、宮崎県のイメージは
  ○良くなってる
   むしろ悪化

ちょっと前まで、私の宮崎に対するイメージと言えば「百年の孤独(麦焼酎)」だったからなぁ。

3. 日本の未来のために、より改革が迫られてるのは
  ○教育改革
   福祉改革

福祉改革をやりすぎたために、失敗した国とかありますし。スウェーデンとか。それよりも、今は教育の方が問題。子供を教育する事は、日本の未来を育てる事と心得よ。と偉そうな事を言ってみる。

4. なかったことにしたい過去の過ち、あなたには
  ○あります
   ないです

そりゃ、三十余年生きていればね。でも、なかった事に出来ないからあると言ってるんでね。というわけで。

5. 知事の退職金、実績みて出来高制にするのって
  ○いい案と思う
   違和感ある

かなり面白い。無能知事の再選阻止にもなったりしてw

6. 鳥インフルエンザ、鶏肉自体に影響ないこと
  ○知ってました
   知らなかった

だから何だと。

7. 真剣に学問をしてみたいと、ふと思ったことが
  ○あります
   ないです

ふと思うだけなら、いくらでもあります。ちなみに、今は「台湾語」なんぞを学んでみたい、とふと真剣に思っていたりします。なんというか、ほれっぽい性格なんですね…。

8. 率直に言って、いまの私の働きぶりはどうですか
  ○よくやってる
   まだなんとも

今の所は。この先どうなるか、ただのタレント知事で終わるか、それとも石原知事をしのぐ名物知事になるか、見物です。

「日本のスイッチの輪」略して「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評で管理人atsu様主催で行われています。興味のある方はレッツクリック!!

| | コメント (6) | トラックバック (7)

台湾行って来ます。

 皆さんこんばんわ。自宅出発30分前にこの記事を書いております。
 さて、私は明日から台湾に出かけるのですが、田舎の四国住まいなので、関西国際空港に行くには、前日泊か、高速バスか、あるいはフェリーで行かないといけないのです。しかも、フェリーの場合、夜中0時半出発、翌朝4時頃着なのですよ…。この強行軍で、果たして台湾では大丈夫なのか、一抹の不安がよぎりますが、何とかなるでしょう。
 ちなみに、今日、香川県立文書館で「写真に見るロシア・ドイツ兵俘虜」という、興味深い展示を見てきました。開催期間は平成19年3月6日〜5月13日。観覧料は無料です。アクセスは、高松自動車道中央インターから車で約10分。サンメッセ香川の近所、そして、香川大学工学部の隣です。近くの方で、興味のある方は、是非お越し下さい。
 「バルトの楽園」につながる興味深い文書もありますので、画像のアップとともに、記憶をフル稼働して、エントリにアップしたいと思いますので、お楽しみに。
 なお、「日本のスイッチ」は、旅行のため、アップが遅れます。ご了承くださいませ。<(_ _)>
 では行って参ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本のスイッチ 台風2号

 皆さんこんばんわ。私は、台風というHNを使っていますが、それを、どうも自然災害の台風を検証するサイトと思って、本当に台風や気象に関するトラバを送信してくれるサイトがあったりします。私のブログを訪れ、また真面目なトラバを貼ってくださるのはありがたいのですが、すみません、そんなブログではなくて、本当にタイトルの通り、気軽に好き勝手書いているブログなんです…。
 と、前置きしておいた所で、日本のスイッチ第二回目です。
 日本のスイッチは、毎日新聞が毎週行っているアンケートで、携帯電話で簡単に参加できます。
 先週の参加人数は35728人で、私と同じ答えの人は102人でした。
 では今週の日本のスイッチ、参ります。

1. ホリエモンの1審判決、懲役2年6月の実刑は
   意外だった
  ○いいえ

奴は金で全てがどうにでもなると思い込んでいたようですから、今回はどうもならなかった事が証明されてよかったです。

2. 日本でチェルノブイリに近い原発暴走起きてたら
  ○ぞっとする
   想像つかない

ロシアほどの国土であの被害…。日本で起きたらと思うと、私なら死を覚悟します。すぐ近くに原発ありますし。

3. 松岡農相、「ナントカ還元水」で年500万円って
   たぶん真実
  ○あり得ない話

言い訳下手すぎ。

4. あのミシュランが日本進出、東京の店を格付けへ
   便利になる
  ○縁がなさそう

そんなニュース、今回のスイッチで初めて知りましたし、それ以前に東京に行く事がありませんが。

5.飛行機の着陸時、客室で拍手が起こった経験が
   あります
  ○ありません

そんな危機的状況に陥った経験がありません。

6.西武の裏金、「うそつけない」と告白の早大選手は
   かわいそう
  ○同情できない

嘘つけないと思うんだったら、抜き差しならないようになる前に言うとけ、と。なんて言うか、逃亡犯が逃げ切れなくなって出頭したようなイメージを受けます。まあ、でも、謹慎中に子作りに励んでいた一場よりはマシか。おとなしくしとれよ、とは思います。

7. 駅ソバ屋のカレー鍋にネズミ混入あったと聞くと
  ○食欲なくなる
   気にせず外食

駅のうどん屋さんとか、美味いと思った覚えがないし。

8. 引っ越しに向けて、荷造りしている時の気分って
   何かわくわく
  ○ゆううつです

今までに二回引っ越し経験がありますが、荷造りが面倒くさい上に、一から人間関係を構築していくのが面倒くさい。そして、隣人に一人は、建築前・建築中・建築後を通していろいろ文句をたれて来る奴がおるんだ、どんなに丁寧に挨拶しても。ここから長くなりますが、ご容赦を。
 一回目は、「ここは私が所有する道だから、目の前に玄関を構えてほしくない」とのことで、玄関の位置を変え(家の端っこに作るという変な構えになった)、あとで市に聞いたら、「そこは市道です」と言われた。そして、近所の神社に「子供会に入らせてくれ。」と頼んだら、「もう空きがない。」と見え見えの嘘を吐いたくせに、神社の寄付はお願いに来た。何考えとんねん。
 二回目のときは、土地を取った時から隣のおばさんが(面識全く無し)金を貸してくれと。葬式だけど、休みだから銀行が開いてない、だから、十万貸してくれないか、と頼みに来てました。しかし、断っていたら、今度は「台風さんとこの土地に掘ってある溝に足をつっこんで、くじいた。」と。母は、その直後にチャリで元気に出かけていく姿を見たそうです。そして、基礎を築いていた時、そこの大工さんたちに勝手に板を渡してくれと頼み、そこが近道になるからと言って、平気で他人の敷地内を横切る。父が見つけてそれをどけると、今度は、「うちの旦那が夜勤明けで、寝たいのに、工事の音がうるさくて眠れない」と文句を付けに来る。お風呂の窓がすぐ近くにあるから、窓のある方向に、窓を作らないでくれとの要望。そして、家を、塀から1m以上内側に建ててくれ、と。日照権がどうとか言ってましたが、うちは二階建てです。家が建ってからは、何かと家に上がりたがる。それを阻止すると、今度は子供が調べものをするのにパソコンを貸りたいからあがらせてくれ、と。ネットカフェは一時間につきいくら金がかかるから、と。…ていうか、おばちゃん、パソコンの意味知っとる?今でも金を借りに来ますが、何か?という、非常に心温まるエピソードがあるのですよ。ということで、私は、この地の人間に対しては、全く親しみを感じておりません。新参者にはとことん冷たいのね、と。
 これから引っ越しをされる方は、どんなに丁寧な挨拶をしても、必ず一人は文句を付けに来る人がいると覚悟しておいた方が良いでしょう。
 いや、つい熱くなりました。すみません。<(_ _)>

「日本のスイッチの輪」略して「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評で管理人atsu様主催で行われています。興味のある方はレッツクリック!!

| | コメント (8) | トラックバック (10)

PMS悪化。

 皆さんこんばんわ。仕事を辞めて、もうすぐ二ヶ月です。仕事によるストレスがPMS( 月経前症候群)を悪化させたのだと思っていたので、仕事を辞めてからは大丈夫と思い、実際、症状も殆ど分からないくらいになり、薬も止めていました。もし追加の薬が欲しくても、お金ないしw
 そして、昨日は夜更かしをし、朝のパンを買わなきゃと思っていたので、そのまま起きていて、十時頃に二度寝したのですが、二度寝して、起きたら、もうPMSになっていました。そして、何もする気力が無くなり、親にいろいろ長々と説教された事で、キレて、八つ当たり。もう、どうしましょう(泣笑)。
 もう、本当に、毎回毎回症状が出る度に「死にたい。」とまで思うわけで、そんなのはまっぴらなんですよ。
 やっぱり薬をさぼるのではなかったw。そして、サイトを見てみました。そこには、「摂らない方が良い食品」が書かれてありましたが…
 砂糖 塩分 コーヒー 紅茶 日本茶 チョコレート アルコール 添加物 漂白した小麦粉とその加工品(パン・ケーキ・パスタ)など

…アルコール以外、私の好物あるいは調理上必要なものばっかしじゃないかよ…orz途方に暮れました。
しかも、塩分も砂糖も駄目って、餓死しろとでも?それとも、なるべく摂らないってことでオッケー?
 次は、「適度な運動が必要」だそうで、有酸素運動〜週に二・三回程度のジョギング、又は一時間程度の散歩。
 (ノ´▽`)ノオオオオッ♪これいいっすな〜。さて、明日からやってみようっと。ちょっとは良くなるかも知れない。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

日本のスイッチ初参加!!

 皆さんこんばんわ。今回は、日本のスイッチについてです。というと、なんかの考察かと思われそうですが、毎日新聞がケイタイで行っているアンケートです。(詳細はここ
 実は、以前から桜日和 というブログの主、佐倉様がその結果をエントリに書かれていて、興味津々だったのですが、ケイタイって、有料会員契約しないといけないと思い込んでいて、尻込みしていたんですよ。でも、どうしてもしてみたくて、佐倉様に紹介され、atsuのB級ニュース批評というサイトで参加方法を聞き、ケイタイで毎日新聞にジャンプ!!すると…無料じゃないかー(恥)
 ということで、初参加です。「日本のスイッチ」参加ブログ主様、よろしくお願いいたします。

では、atsuさん主催の日本のスイッチの輪略して日ス輪、まいります。

1. 記録的に早い桜の開花、4月までに散ってたら
  大ショック
  ○咲けばOK

別に、学校に入学する予定の子供いないし、というか、子供自体いないし。三月の桜も見てみたいし。

2. 次の東京都知事には、五輪誘致を進めてほしいと
  ○思う
   思わない

正直どっちでもええのですが、開催するなら、資金力から言って東京かな、と。(あくまでイメージ)

3. 相次ぐ金属ドロ、半鐘やすべり台まで盗むって
   許せない犯罪
  ○苦笑しました

そこまでさせるほどの切羽詰まった何があったのか、と、犯人に聞いてみたいですw多分、夜中に数人でちまちまと接合部分を外したりしたんだろうな、音を立てないように運んだんだろうな、と想像すると、笑える。

4. JR・私鉄・バスの共通カードが首都圏でスタート
  ○便利そうだ
   遅すぎです

私の生息圏内の駅には共通カードどころか、自動改札すらありませんし、あまつさえ、半数以上が無人駅で、車掌さんが切符を集めてます。正直羨ましいです。

5. 日本と北朝鮮、お互い原則論を譲らない協議は
  ○そういうもの
   むなしい協議

ていうか、今までの北朝鮮に譲歩しまくりの姿勢の方が虚しかっただろう、と。

問6. ドラえもん特番、実写のび太にえなりかずきさん
   ぴったりだ
  ○ややきつい

私の古くからの友人にそっくりな人がいるので、むしろ彼を推したい、と。正直、えなりかずきがビジュアル的に受け付けんだけなんですが。

問7. 川崎市では、保育料滞納者に市長自ら面談します
   良いアイデア
  ○何もそこまで

そんなに暇なの?と思うし、差し押さえとかすればいいじゃん、みたいな。

問8. 卒業式、制服のボタンをもらったりあげたりって
   経験ある
  ○経験なし

私は女ですので、あげた事はないですが、もらった事もないです。その頃、好きな人はいましたが、容姿に無用な劣等感を抱いていたので、「私みたいなのから言われても…」みたいに思っていました。

 

「日本のスイッチの輪」略して「日ス輪」はatsuのB級ニュース批評で管理人atsu様主催で行われています。興味のある方はレッツクリック!!

| | コメント (7) | トラックバック (8)

他人の事が言えんのかい?

 皆さんこんばんわ。昨日の「報道2001」での麻生閣下とコメンテイター、後司会者とのやり取りを見ていて、「やっぱり麻生閣下だなぁ…(惚)」と思いました。
 おぼろげにしか覚えてないんだけど(その後寝たから)、慰安婦問題で、安倍総理の顔が表紙になり、安倍総理を揶揄するようなコピーがつけられていたアメリカの週刊誌を司会者が示して、「これについてどう思いますか?」と聞くと、「これ、週刊誌でしょう?どうして、週刊誌の書いた事にいちいち感想を言わなきゃいけないんですか?」と、口を曲げて、ニコニコ微笑みつつも、言う事がきっつい閣下。素敵です。
 もう一つは、又司会者の隣にいた女子アナが「シェーファー駐日大使がこのように発言していますが…」と、慰安婦問題に関してのコメントの訳を披露すると、「彼がどのように言ってあなたがそれをどのように訳したのか分かりませんけれども…」ときつい嫌味w
 全体的に「オレは、嘘ばっか書くマスコミが大っ嫌いなんだよ」って思いがあふれていましたよ、閣下w
 さて、前置きが長くなりましたが、本題。と言っても、すぐ終わる小ネタなんですけどね。
 何年も前から、捕鯨規制がきつくなるだの、近年見直されて来ただのというニュースを聞くのですが、動物愛護団体は相変わらずですなwいや、私のリサーチが足りないだけで、もう気がすんだのかもしれませんが。
 動物愛護団体はその触手を韓国にも延ばしていて、「犬を食うのは野蛮だ」そうな。(この際韓国人も捕鯨に反対している事は触れないでおいてあげます)
 しかし、私は思うんです。動物愛護団体の中に、「フォアグラ」が好きな人間はおらんのか?と。
 あれって、ガチョウの脂肪肝ですよね?ていうか、十年以上前にフォアグラの作り方をTVで見たんですが、結構ショックでしたよ、私。だって、ガチョウの口を開けて、ぶっといホースみたいなのをつっこんで、えさを流し込むんですよ。無理矢理大量にえさを食わせて、肝臓を肥大させようと言うもの。これこそ動物虐待じゃないんですか?ああ〜?
 ついでに言わせてもらうと、スペインの闘牛だって、見方によっては動物虐待ですよ。土佐の闘犬を非難できんぞ。そんな習慣のある民族に捕鯨がいかんだとか、犬を食うのがいかんだとか言われたくないですな。
 と、思うわけですよ。ちなみに、中国人労働者が住んでいる社宅が私の家からちょっと離れた所にあるんですが、その周辺には野良犬や野良猫がたくさんいました。しかし、一時、それらが激減。ていうか、いなくなったらしい。どうしたのかと言うと、中国人がつかまえて調理し、食べていたらしいです。私は、大きな犬に噛まれかけたり追いかけられたという恐怖体験があるため、「別にええや〜ん♪」と思っていたのですが(外道)、「犬や猫を捕ってはいけません」という貼り紙がされたらしい。何がいかんのか…。
 ちなみに、早朝、チャリで出勤する中国人労働者が、楽しそうに喋りながら私の家の前を通過するので、うるさく思いつつも微笑ましい気持ちで聞いていたのですが、一時、ぱったり聞かなくなった事がありました。「なんでやろ〜」と思っていたら、その時期は旧正月。帰国してたんやね〜。そして、旧正月の休暇を終えると、又、彼らは大声で楽しそうに喋りながら私の家の前を通過するのでした。
 近いうちに、彼らのスピリチュアルフルーツ、「桃」についての体験談を書きます。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

明日は七時からたろう祭り(嬉)

 皆さんこんばんわ。最近、韓国やら北朝鮮が馬鹿な事ばっかり言うので、ツッコミ疲れ…いやいや、食傷気味です。これは、ちょっと気分転換せないかんと思い、久しぶりに 麻生閣下オフィシャルサイトを訪れました。
 麻生閣下と言えば、外務大臣記者会見で、こんなお茶目な発言をしてくれたりするので好きなのですが、今回、久しぶりに訪れてよかった。こんな情報を得ました。→麻生閣下TV出演情報
 いやいや、朝から麻生閣下のお顔を拝めるとは、縁起がいい。もしかしたら、太郎節が聞けるかも?いや、もっとすれば、たろう祭りなんて楽しい展開が待っているかも!!とわくわくしている私です。ビデオ録画しようかなぁ。そして、印象深いお言葉をアップ。
 てなわけで、皆さん、申し訳ないのですが、「北斗の拳キャラ」については、又後日(予告を守った試しがないから、もう予告は止めます)。今日はもう寝ます!!麻生閣下のために!!どんな毒舌が聞けるかと思うと、楽しみで、夜も眠れませんよ。その分、昼寝るわけだけどw
 そうそう、安倍閣下が来高されるって数日前に聞いたのですが、それはいつか、ご存知の方、教えてください。もう、来て帰ったかも知れん…。だとしたら、痛恨のミスだが。
 では、お休みなさいませ。
 あ、最後に赤貧エレジー 様からお借りした太郎画像をここに表示しておきます。意外とかわいく作られてある麻生閣下。
<訂正>
はんこの著作権について書いてあるエントリがありましたので、読んでみたら、「個人で楽しむ事を目的とした持ち帰りに自由」とありあましたので、画像をアップしていましたが、削除しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

I am Chapanese!!〜限りなく恥ずかしい奴らめ

 皆さんこんにちは。寒かったり暖かかったりと良く分からない気候なので、風邪には要注意です。
 さて、このブログに来られる方は、「韓国人の民度」については、これ以上ないほどご存知かと思いますし、それが到底期待できるようなレベルではないということも思い知っていることと思います。私が初めて思い知らされたのは、古い話になりますが、知らされなかった韓国サッカーの“裏側”を見たことから。もう、この所業で「韓国にはマナーを期待してもしょうがない。」と諦め気味になり、その後も続々と出て来る反日故の日本侮辱やそして韓国の外国でのマナー違反のひどさを見ても、「またやってるわ〜(呆)」くらいにしか思いませんでしたし(だっていちいち彼らに怒っていたら、とっくの昔に憤死してるし)、反日お絵描きin 地下鉄駅!を見たって、「こんなの、学校の授業で描かせて、しかも公共の場所に貼り出して、よく恥ずかしくないね。」と失笑するまでの域に達した私ですが、さすがに これには体中の血が逆流して沸騰するかと思いましたよ。以下映像の説明(日本語版はもうなかったため)

韓国が外国貴賓を招いた会での事。
インターコンチネンタルホテル社長がビールの泡を見ながら
『泡が原爆の煙のようだ。広島原子爆弾酒だ』と発言。
それを受けて盛り上がる韓国人達。
わざわざ別カメラを用意し日本大使の表情を撮影。
一人、険しい顔で屈辱に耐える駐韓大島日本大使。

ご覧になれば分かるかと思いますが、これは韓国で流れた映像。外国の貴賓を招いた席で、一流と言われるホテルの社長がこともあろうにこのような恥ずかしい行為をして、それを嬉々として映像にする。そして、わざわざ駐韓日本大使の顔をアップで何度も映し、「日本の大使は何やらお気に召さない様子」と揶揄するコメントをつけ、韓国のお茶の間にお届け。この、品性下劣な韓国人の前に、「もうあかん…。人間と思えん…。」と思ったものです。人間と思いたくない、というレベルではなく、人間とは思えないんですよ。無理、絶対無理。
 それからというもの、韓国の反日気違い振りにはもう、悟ったような気持ちになって、「またやってるわ〜」くらいの気持ちで見ていたのですが、さすがの私も、この映像を見た時には、キレましたよ。
Korean say "I'm Japanese".」(natsuka.net様の掲示板より拾い物)
 もう、これを見たとき、何と言いますか、ただただ怒りと虚脱感のみが心を占めました。 いや、ホント、私にとって、原爆酒に継ぐ対コリアン激怒的事件(勝手に作った)ですよ。
 噂には聞いていました。韓国人は、外国で粗相をすると「I am Chapanese!!」と叫ぶ、と。なぜ頭文字を「Ch」と書いたかと言うと、彼らは、濁音の発音ができんのです。で、こういう発音になるわけ。それについては、悪魔研究室というサイトのお朝鮮の香ばしい反日ラップに簡単に説明してありますので、どうぞ。つらつら思い出すに、このサイトが、嫌韓への足がかりだったなぁ…。あの頃は、竹島問題も知らない、まだウブなおねんねでした(韓国に関しては)。
 話がずれました。いや、噂には聞いていましたが、実際に見たことはなかったので、さすがにネタだろうと(でも奴らの場合やりかねないので)半信半疑でした。
 更にnatsuka.net様の掲示板の常連で、我がブログの貴重な常連、愛国青年様が「 韓国民に告ぐ! 日本在住の韓国系中国人が痛哭の祖国批判/金文学/編〔著〕 金明学/編〔著〕 」 の本文を紹介してくださったのですが、なんと、中国のホテルで韓国人数人が騒ぎを起こし、駆けつけた警備員に「I am Japanese!!」と言ったというのです。
 「コリアンは息を吐くように嘘を吐く」と言われますが、さすがにこの嘘は見逃せません。大体、自分が騒動を起こして、警備員まで呼ばれてもまだ騒ぐなんて、日本人じゃあり得ませんよ。たとえ一人がしつこく言ってても周囲が「いい加減にしろよ。」とたしなめるものです。
 しかし、それでもですね、こんな馬鹿なことを言うのは、一部、多くても半数程度かと思ってたんですよ。今回、そんな私の淡い期待も見事に裏切ってくれた彼ら。さすがです。この反日っぷりは、我々の常識の斜め上を遥かに超えています。
「外国で悪いことをしたら『私は日本人です』って言うんだよね」なんて、言う方も言う方だけど、それを聞いて笑い、拍手し、歓声を上げる観客も観客(観客だけじゃなく、他の出演者もだけど)。そして最後に「小さな愛国心ですよね」「そうです、愛国心です」ですってよ(激怒)。
 愛国心があるなら、外国で注意されないようにマナー向上に努め、外国に行くなら、そこのルールを学び、それでも注意されたら、素直にその国の言葉で「すみません」と言え!!…と言っても無理なんだろうなぁ。注意されても逆切れする質の人間にとっては。良く分かりましたよ、彼らにとっての愛国心が、いかに下品で下劣なものか。
 だって、留学生ですらこんなことするんですから。

あなた方コリアンに言う。この映像の件は、普通の人間からしたら、
まず、あんたが外国人登録証を無くすからいかんのやん。
さっさと遺失物届けを出して、ついでに再発行手続きしたら?
それも知らん人間が留学なんてしてくんな。
しかも、自転車に二人乗りって、そりゃ警察にとめられるわ。
そこで素直に「実は、外国人登録証をなくしたんです」って言えばええやん。
やのに、逃げ回った挙げ句に捕まったら逆切れ?暴走族か、お前らは。
そのうちの台詞が「お前らが戦争やったんだろ!!」って、
その当時は、あんたらも立派な日本人だったから!!
しかも、日本万歳って言ってたくせにねw
(彼らが日本軍として進駐した時、現地住民に対して乱暴狼藉を働いた事も
ついでにばらしといてあげます)
もっとも、負けた瞬間に手の平返したけどさw
ていうか、交通取り締まりに、六十年前の戦争なんて、関係ないし。
ですむ問題じゃ!!偉そうに外国人差別とか言って自分らの民度の低さをごまかすな!!

なんていうか、箇条書きにするだけでも笑え…ゲフンゲフン、疲れます。
 これまでもでしたが、この民度の低い隣人と、どうつきあっていけば良いものか、ますます途方に暮れます。…マジで、断交しちゃ駄目?そんで、台湾と国交再開しようよ。
 せめてもの救いは、彼らがどんなに「I am Chapanese!!」と叫ぼうと、外国人には、彼らが「Korean」ということがバレバレなんだってことでしょうか…。その理由は、大体分かるような気がしますがね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

木村幽囚記オフ会in香川!! 5

 皆さんおはようございます。本格的な冬を迎える間もなく、いきなり春です。やはり春には変な虫がわくのか、奴ら、やってくれました。朝鮮総連集会に数千人
 迫害って、拉致工作部隊の日本支部という事がバレても未だデモを許してくれ、しかも警官まで動員してもらっておいて、何をわがまま言ってるんでしょうか。大体、写真の横断幕にもありますが「祖国往来の自由を奪うな」って言われたって、あんたら、許そうが許さなかろうが、勝手に行ったり来たりしよるやん。エンジンを四つもつけた、異様に速い漁船で。
 さて、このオフ会レポも最終回。何だか異様に長くなってしまいましたが、許してください。
 料理店を求めてさまよううちに、いかにもな看板を見つける。いかにもも何も、そのまんまでした。
Mkr
 ←これを近くで見て初めて知ったんですが、周りにある三本線、それぞれ違ってたんですね。全部同じだと思っていた私は、これ又びっくりですよ。ちなみに、その線についての説明は、 ここを参照してください。
 普通の人なら、「ああ、これが韓国国旗なんだな。」と思うだけですますこの看板ですが、さすがは韓国ウォッチャーの固まり、見逃しません。ここからは、黒猫様のブログ 日溜まりの黒猫 から拝借w

しばし、
「赤が上だからあってるよな」
「右下が6つに分かれてるのだけは知ってる」
「間違えまくるからなぁ、彼らはw」
という会話が弾む。

 そうするうちに、やはりいかにもな韓国料理店の看板に出会う。「サモイ」と書いてあるけど、なぜいかにもだったかと言うと、看板の色合いとか、お店に近づくと、ハングル文字が書かれてあったからじゃ。え〜、黒猫様、お店の名前は「サモイ」でした。
 階段を何段か上った所に玄関があり、入ると、白いカチューシャをしたお姉さんが韓国なまりで「いらっしゃいませ〜」と言う。私が「韓国の方ですよね?」と聞くと、「はい。」まあ、聞かなくても分かったのですが、布袋様&餃子ヒーロー&CIA職員は「なんで分かったのか?」と不思議そう。「だって顔とか、言葉とか…」と曖昧に答えたけど、見抜いた本当の理由は「今時カチューシャ(お姉さんごめんなさい)をする女性は、日本人ではまずおらん」というポイントだったりしてwみんなもっと街行く女の子を見てファッションとか流行を勉強せぇw
 そして、席に座った頃にトイレから帰ってきたCIA職員もとい黒猫様が「トイレは和式だった!!」と楽しそうに報告。え〜、韓国式トイレって、これのことですか。ちなみに、女子トイレは普通に洋式でした。トイレ一つで盛り上がる、さすがはコリアンウォッチャー達。余談ですが、トイレにはハングル文字で「男子」「女子」と書いてあるらしかった(字の色で男子用か女子用か判断した)。
 そして周りに貼ってあるお勧め料理らしきメニューもやっぱりハングル文字(しかも日本語訳無し)。分からんかったら頼みようがないやん!!それとも、分からないまま一回頼んでみるか?ネタにはなるw
 メニューをいろいろ見て頼んだんですが、どれを頼んでも、出てきたのはみんな辛かった&赤かった。kimuraお兄さんによると、冷麺も辛かったらしい。糸こんにゃくみたいな見た目のくせに。そんな中でも鶏の唐揚げ(らしき物)はおいしかったです。しかし、一番驚いたのは、箸が鉄(ステンレス?)だった事です。「つかみにくい!!」「使いづらい!!」と悪態をつきつつも、やっぱり盛り上がる怪しい四人組。もはやノーマルには戻れないw
 そこで、kimuraお兄さんにあげたチョコがちらっとだけ話題に上り、またも黒猫様のサイトから拝借しますが、こんなやり取りがありました。

木村「いやあ、あのイベントはね、今年もまたもらえなかったってネタにするつもりだったのよ。ところが予想以上にメールが来て、途中で言わなくなったんだけど、続けてたらもっと来たかもw」
台風「私も送ろうと思ったんだけど、持ってきました〜。でも、他にも男の人がいるなら、その分も持ってきたら良かった…」
黒猫「え?てことは、今日も人生の勝利者?w」
黒猫(心の声:直接もらったのかよ!うらやましい!!)←今度あげますからw
(一部変更)

 つっこんだり食べたり飲んだりしながら、宴は楽しく進み(やっつけ)、八時近くになると、 小豆島在住のkimuraお兄さんが「船の時間が!!」と言い、そこで宴終了。
 会計の段になって、黒猫様とReal Kid様が折半して支払い、お代はいいですよ、とのありがたいお言葉が。黒猫様、Real Kid様ありがとう、怪しいとかCIAとか餃子ヒーローとか書いて、ごめんなさい(遅すぎ)。 
 そしてそれぞれに散る。黒猫様は飲み足りないらしく「もう一軒行きます。」と言ってネオン街に消えていった…と思ったら、遠くの方で靴ひもを直していた。
 あとはReal-Kid様が自転車を駅にとめているとの事で、駅までご一緒しました。夜に、知り合いの(知り合ったばかりだけど)男性と歩くのは、やっぱり安心しますな〜。どっちかと言うと、私の方が体格がいい(ていうかデブ)ので、安心されてたかも知れないけど。いろいろ話しながら歩くと時間が短く感じるし。
 そして駅でおつかれさま〜、おやすみなさい〜、てなわけで解散。それぞれが日常に戻ってゆく。
 台風は帰宅してすぐに木村幽囚記日溜まりの黒猫 を確認するのであった。
終わり

追記
kimuraお兄さん、Real-Kid様、黒猫様、(登場順)おつかれさまでした、そして、楽しい時間をありがとうございました。
今度はゆっくり会いましょう。そうね、小豆島ぐらいで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

木村幽囚記オフ会in香川!! 4

 皆さんこんばんは。今日は、弟が彼女を連れてきていて、ちょっと華やいでいます。私なんか、彼女の卒業旅行のお土産をもらったりして、なんだか、弟結婚決定の様相を呈しています。一ヶ月に一回くらい来るかな。ちょこちょこ家のお手伝いなんかもしてくれるので、助かります。私もさっさと行かないかん。
 さて、相変わらず韓国の話に花を咲かせながら喫茶店を捜す怪しい四人。しかし、これが、ないんですよ…。いや、そこそこあったとは思うんですが、選ぶお店選ぶお店全部閉ってたり、別のお店になってたり、満席だったりで、しまいには、とうとうやけくそになったのか、黒猫様から「確か一軒メイド喫茶があったから、そこ行ってみましょうか〜」と、およそ女の私にとっては考えられない驚愕の提案が。
 え、いや、ちょっと待ってよ、私女なんやけど、と言いたくても気が弱くって(大嘘)言えない私(本当は、話のネタに行ってもいいな、と思っていた事はここだけの秘密です)。恐怖と興味の入り交じった何やら良く分からないような気持ちで向かうと、そこには…つぶれてました。あ〜、良かった(死ね)。
 じゃあどうするか、ちょっと早いけど、Real-Kid様が持ってきてくれた情報誌にある料理店に行くか…と言って、情報誌を見ると…。まだ開いてないしw6時からって、今、まだ4時半過ぎだよ…。┐(´-`)┌
 実は、三人には黙っていましたが、私と行動すると、こう言う事がよくあるんです。開いているはずが、臨時休業とか、オーダーストップの後とか、なぜか道を間違ったりとか。ごめんね。(手遅れだけど)
 てなわけで、黒猫様の昔のなじみ(と言ってた気がする)の茶店に入る。コーヒーを頼んで、話すのは、あくまでも特亜ネタw
 そしてよっぽど辛かったのか、またも気分の悪い講演について話す黒猫様。「いや〜、あれ、自分のブログ にアップせんといかんのですけど、もう一回聞くのほんまにきついんですよね〜。」と笑いながら話す。それに向かって悪魔のような笑みを浮かべて「是非ともアップしてほしいですね〜。」と言う非情な私。だって、どんな電波だったか、知りたいんだもん(悪)。なぜか黒猫様涙目(だったような気がする)。
 そこでも、またkimuraお兄さんが、「人生の勝利者」について語る。どうやら今までの人生の中で3本の指に入るくらいの喜ぶべき出来事だったらしい(勝手な想像)。
 Real-Kid様は、「人権教育」というとんでもない思想教育をしている学校に対して、メル凸した模様を語る。なんでも、在日外国人を招いて講演した学校があるらしい。いったいどこの国の人権を教育しようとしているのか、はなはだ疑問。結婚しても、この学校のある地区や、私が今現在住まう市には絶対住まないぞ、と固く決意する私。子供が洗脳されたら行かん。産む予定なんて全然ないけど。
 そして三人が夢中になって話している、その微笑ましい様子を見て、「男って、やっぱり子供ね〜」と、お母さんのような気持ちで聞き役に徹する私(文句を言う人がいないと思って言いたい放題)。
 しかし、そんな訳の分からない優越感を感じたのもつかの間。喫茶店を出て、なぜか韓国料理店に向かう。私、オフ会に参加するまで全く知らなかったんですが、コリアンウォッチャーがオフ会すると、食べにいく料理はなぜか韓国料理らしいです。韓国の悪口(ていうか事実だけど)に花を咲かせながら韓国料理を食す。そんな韓国ウォッチャーの根性に乾杯。
続く
追伸:すみません、4で終わるはずだったんですが、だらだら長くなってしまいそうです。5で終わらせますので、お許しください<(_ _)>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

木村幽囚記オフ会in香川!! 3

 皆さんおはようございます…。今、激しく落ち込んでいる台風です。なぜかと言うと…約三時間かけて書き込んだ下書きが、ちょっとした操作ミスで全部とんじゃったんですよ…。。゚・(ノд`)・゚。 もうね、本当に、泣きたい…。誰か優しい人慰めてください…。
 さて、いきなり現れた怪しい男性ですが、どこが怪しいかと言うと、サングラスをかけてたからじゃありません。そして、茶色のハーフコートを着ていたからでもなく、微笑んでいたからでもありません。なんて言うか、こう…、自分は何も悪い事してないのに逃げたくなるような…、「殺し屋?」ていうか、「もしかしてCIA?」って言うような、全体的にコートから銃を出してきそうな、そんな感じ(どんなんや)。
 え〜、まず20代の女の子じゃありませんでした(おっさんだった)。かわいくもありませんでした(だって男の人って、女の子にかわいいって言われると拗ねるじゃない?)。お目目はぱっちりというほど大きくありませんでした(細くもなかったけど)。小柄じゃありませんでした(中肉中背よりちょっと背が高い)。スマートでもありませんでした(かといって太ってもない。職業柄太れないだろうし)。でも、ちょいワルな感じでした(フォローになってない)。
「え?まさかこの人じゃないよな。だって、黒猫なんてHN、どう考えても女の子やし(勝手な思い込み)。」とパニクって心でつぶやく私の気も知らずに、私の予想をことごとく裏切った(勝手に勘違いしただけのクセに)にっくき奴は近づいてきて、笑顔でこう言いました。「あ、私CIAの者ですけど(違う)」
 「あ、私が木村です。」という風に次々と自己紹介をし、「僕も餃子食べたいんだけど…」というような表情の黒猫様に無情にも「さあ、出ましょうか。」と、布袋様のような笑顔で言い放つkimuraお兄さん。後五分早かったらね〜、一個はあったのに。
 Real-Kid様が会計をすませ、お代は外に出てもらいましょうという事で店外に。又ドアの所で黒猫様(だったと思う)がなにやら尋常でない音を立てる。そして、故意か不幸な偶然かは知らないけど、私の財布を開けると、五千円札一枚と小銭が五百円ちょっとしかない。黙って両替に行けばいいものを、わざわざ「あ、小さいのが五百円しかない〜」と言って、店内に入ろうとする私。そんな私に餃子ヒーロー:Real-Kid様が「じゃあ、五百円でいいですよ。女性だから、そんなに食べてないだろうってことで。」と優しいお言葉を。「しめしめ」違った、「なんて優しい…」と思った私は、言葉に甘える事に。(本当は二人前くらい食べたんだけどね)
 次の巣に移るために、日本一長(ったらし)い商店街を歩く怪しい四人。その途中、kimuraお兄さんが「いや〜、あの餃子はほんまにうまかった〜」と何回も言って、黒猫様をいじめる。黒猫様もしきりに「あの餃子、食べたかったです〜」と言う。今度は私の市にいらっしゃい(悪)。
 そんな黒猫様が、「ひどい講演を聴かされて頭が痛くなった」、と嘆く。詳しくは説明しなかったけど、「とにかく、自分は在日であるが故に差別されたかわいそうな被害者」という思い込みに満ちた愚痴を延々と語る、といったものだったらしく、最初はテープに録音しながらも真面目に聞いていたけど、頭が痛くなってきたから、テープに任せたらしい。黒猫様、かわいそう。その講演の主は、私たちもよく知っている危険人物だったので、「なんか、帰化申請が、なかなか通らんって言うてたよな〜。」「そんなん、普通に暮らしてたらあり得んやろ。嘘言うとるわ。」「そうそう、Korean the 3rdの管理人さんやって、すぐ通ったって書いてたしな〜。」「悪い事したけん通らんかったんやろ〜」と言いたい放題。
 その間も、通りがかりのブティックやブルガリの新店を見て、「入りたいなぁ。」と思う私。しかし、男性陣は、そんな乙女(おえ)の気持ちなど、分かるはずもなく、目的地を目指して歩いていく。けなげについていく私(言い過ぎだろう)。
続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »