« 思いやりのかけらも無い人 3 | トップページ | 闇 »

あけましておめでとうございます

 皆さん、新年をいかがお過ごしでしょうか。私は、年末年始にこのような長期休暇をもらった事が無いので、ちょっと持て余しております。「旅行に行けばいいじゃん」と気づいたのは、既にどこも予約でいっぱいであろう、休暇の前日であります。
 さて、去年は、年の暮れにフセイン元大統領がまるで東京裁判を彷彿とさせるような裁判で死刑になり、異例の早さで刑が執行されたり、年明けの数分前に、なぜか日本の公共放送であるはずのNHKが日本ではなく韓国の拉致被害者の話題を振ったりとかなり不愉快な事もありましたが、無事に年を越せました。
 本当に、去年はいろいろあったなぁ…。いきなり前彼に新興宗教の施設に連れて行かれたのが、一昨年の大晦日、で、そこで年越し。思えばあれが前彼との破綻の前触れであった(そして就職への第一歩であった)。
 ま、破綻してよかったし、仕事に明け暮れる今の方がよっぽど幸せだけどね。ええ、たとえストレスで過呼吸になっても。ちなみに、その原因となった課長には、「報復」をしましたので、すっきりして、問題なしです。まあ、本人は報復されたとは思ってないだろうけどね。それでOKなのです。
 さて、次回はいよいよ、前から書きたかった「男女共同参画が生み出した化け物」です。新年に書くような事じゃないのですが、許してください。
 私は、昔から男女共同参画については欺瞞を感じていたのですが、それはそのもののうさんくささではなく、そのとき所属していた市役所の、「男女共同参画社会推進委員会」なるものの会員である一職員の発言によってでした。
 私の学生時代のサークルの友人(男)が六才上の姉さん女房をもらって、雑談でそれを言ったら、彼女が一言「マザコンじゃないの?」。
 その発言で、「なんだ、共同とか言って、男を見下げて悦に入りたいだけじゃないか」と思ったのでした。
 では、お楽しみに。ちなみに、うちの市は、「男女共同参画社会宣言都市」と大看板を出してますがな…orzあの発言をした彼女がまだ関わっているだけに、絶対まともな活動をしているとは思えないんですがね。市民の税金の一部を使ってデンマークに研修旅行に行っとるし。単なる一思想のために血税使うな!!と軽く吠えておいて、今夜はこの辺でおやすみなさい。

|

« 思いやりのかけらも無い人 3 | トップページ | 闇 »

「挨拶」カテゴリの記事

コメント

台風様
あけましておめでとうございます。
昨年来、こっちも病気を抱えて調子が出ず
また身辺にも様々な問題が持ち上がり、大した
年ではありませんでしたが、今年こそはよい
年にしたいものです。
「男女共同参画社会」
このフレーズ、私も前々からいかがわしさを
感じていました。
男女は身体の機能も違うのだから、それぞれが
それぞれの出来るフィールドで、己の能力を発揮すればよく、何も「共同参画」する必要など
あるのでしょうか?
というのが、私の素朴な疑問です。

ともあれ、今年も何かコメントがありましたら
こちらに書き込ませていただきますので、よろしくお願い致します。

投稿: 愛国青年 | 2007年1月 1日 (月) 16時53分

あけましておめでとうございます。

ナツカネットから訪問いたしました「みに・ミーの部屋」管理人、古本屋の常連です。
ナツカネット書き込み、楽しみにしております。

さて「男女共同参画社会」ですが、おフェミ学者がなし崩しでスタートさせ、ジェンダーフリーの大混乱の後、これだけはやろうというしゃんしゃんで、という経緯があり、もともとがイカンものです。

今後、様々な歪みが、明らかになってくるでしょう。
それ系の話題はこちらに多くあります。
私も常駐。
http://www.azaq-net.com/bbs/bbs.cgi?tani6010

ではでは、益々のご発展を祈念いたします。

投稿: 古本屋の常連 | 2007年1月 1日 (月) 23時15分

愛国青年様
今年もよろしくお願いいたします。
御病気の具合が芳しくないようで、とても心配です。
くれぐれも焦らず、私としては、休職して、きちんと治してほしいのですが、
それが無理ならば、なるべくご自分をいたわって、無理せずにゆっくり行きましょう。
季節の変わり目には、くれぐれも気をつけてください。

>何も「共同参画」する必要など
あるのでしょうか?

この文章に爆笑。だって、それを言われたら、フェミさん達、身もふたもありませんがな。

投稿: 台風 | 2007年1月 7日 (日) 19時14分

古本屋の常連様
今年もよろしくお願いいたします。
あちらでの書き込み、楽しみにして頂いているという事で、かまってちゃんな私にとっては、
とてもうれしいお言葉。
ただ感じてる事を書いているだけなので、矛盾があれば、
指摘して頂ければ幸いです。
私も、古本屋の常連様をはじめ、皆様のレスには勉強させられる事が多くて、感嘆しております。
さて、フェミですが、何と言うか、フェミ達には、かつての「社会主義」を進歩的と勘違いして暴走した進歩的文化人と同じ匂いを感じてしまうんですよね。
事実、伝統を否定している所があるし。
ちなみに、私は、必ずしも伝統が男女同権と一致するわけではないと思っていますし、時に対立する事もあるし、
対立するならば、男女同権よりも伝統の方が優先されるべきと思っています。
こんな女、どうですか。

投稿: 台風 | 2007年1月 7日 (日) 19時14分

>フェミ達には、かつての「社会主義」を進歩的と勘違いして暴走した
>進歩的文化人と同じ匂いを感じてしまうんですよね。

おおお、
すばらしい嗅覚です。
まさに一緒です。
フェミジェンダーフリーの最右翼、上野千鶴子東大教授なんて、何故自説が正しいのかの説明に、マルクスを紐解いたから、ときたもんで、地元の女性センター図書館でひっくり返りました(女性センターって税金を大量投入して、フェミ本図書館やらフェミ集会やらをしています)。

さらに古いものを壊せば、あとは素敵な花畑、と無邪気に信じるあたり、左巻き特有の異臭がしますね。

伝統というのは、守るべき供給の尺度でもあり、いたずらに壊すべきではないと考えます。

投稿: 古本屋の常連 | 2007年1月 7日 (日) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103277/4750941

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« 思いやりのかけらも無い人 3 | トップページ | 闇 »