« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

 薬の服用をさぼったために、またやって来ました。
 なので、この前お約束したエントリは、ちょっと待って頂けますようにお願い申し上げます。
 今、心の闇に捕われて取り込まれそうです。何と言うか、こう、心が折れそうな、倒れそうな…。
 これでも、明日になれば、すっきりしていてほしい。でも、これが後何回続くのかと思うと、気が遠くなりますね、さすがに。全てリセットしたくなる。
 鬱病の患者さんが、病気の状態をこう表現するのをよく目にしますが…
暗いトンネルの中を手探りで歩いている状態
 私の場合は違うような気がします。何と言うか、こう、何の景色も無い、真っ白な中に一人立ってる状態とでも言いましょうか。どうしたらいいのか分からないのです。
 助けてくれと言っても、結局は、自分しか助けられないのは分かっている。
 これをこの人に言えば、すっきり治るのも分かっている。でもタイミングを逃してしまったから、それは二度と出来ない。出来るとしたら、再度そのタイミングが来たとき。
 でも、これを言ったからと言って、皆さんに励ましやいたわりの言葉をかけてもらおうとは思わない。ただ言いたいんです、誰に向かってでもなく。おそらく、自分に向かってなんでしょう。
 助けてください。
 明日になったら、多分その気持ちも消えています。大丈夫です。今夜は、もう寝ましょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 皆さん、新年をいかがお過ごしでしょうか。私は、年末年始にこのような長期休暇をもらった事が無いので、ちょっと持て余しております。「旅行に行けばいいじゃん」と気づいたのは、既にどこも予約でいっぱいであろう、休暇の前日であります。
 さて、去年は、年の暮れにフセイン元大統領がまるで東京裁判を彷彿とさせるような裁判で死刑になり、異例の早さで刑が執行されたり、年明けの数分前に、なぜか日本の公共放送であるはずのNHKが日本ではなく韓国の拉致被害者の話題を振ったりとかなり不愉快な事もありましたが、無事に年を越せました。
 本当に、去年はいろいろあったなぁ…。いきなり前彼に新興宗教の施設に連れて行かれたのが、一昨年の大晦日、で、そこで年越し。思えばあれが前彼との破綻の前触れであった(そして就職への第一歩であった)。
 ま、破綻してよかったし、仕事に明け暮れる今の方がよっぽど幸せだけどね。ええ、たとえストレスで過呼吸になっても。ちなみに、その原因となった課長には、「報復」をしましたので、すっきりして、問題なしです。まあ、本人は報復されたとは思ってないだろうけどね。それでOKなのです。
 さて、次回はいよいよ、前から書きたかった「男女共同参画が生み出した化け物」です。新年に書くような事じゃないのですが、許してください。
 私は、昔から男女共同参画については欺瞞を感じていたのですが、それはそのもののうさんくささではなく、そのとき所属していた市役所の、「男女共同参画社会推進委員会」なるものの会員である一職員の発言によってでした。
 私の学生時代のサークルの友人(男)が六才上の姉さん女房をもらって、雑談でそれを言ったら、彼女が一言「マザコンじゃないの?」。
 その発言で、「なんだ、共同とか言って、男を見下げて悦に入りたいだけじゃないか」と思ったのでした。
 では、お楽しみに。ちなみに、うちの市は、「男女共同参画社会宣言都市」と大看板を出してますがな…orzあの発言をした彼女がまだ関わっているだけに、絶対まともな活動をしているとは思えないんですがね。市民の税金の一部を使ってデンマークに研修旅行に行っとるし。単なる一思想のために血税使うな!!と軽く吠えておいて、今夜はこの辺でおやすみなさい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »