« 思いやりのかけらも無い人 2 | トップページ | あけましておめでとうございます »

思いやりのかけらも無い人 3

 彼女は知りませんが、いえ、知ってなくても、想像くらいはつくのが普通ですが、彼女の失敗を、Pさんは、いろんな形で分からないようにフォローしてきたのです。感謝をしろとは言いませんが、そうした末がそれじゃ、私、言葉も出ません。
 そして、注意をすれば言い訳をしたり、言い返したり、反抗的な態度を取ったりしたのが災いして、何と、女性にはきつい現場勤務に。
 彼女には申し訳ないのですが、私も、いろいろ仕事以外で彼女とお付き合いしていましたが、もう限界です。ですから、現場に行かれて、ほっとしているのです。なぜなら、彼女は、仕事と同じような事を、私たちにもしていたから。
何においても、自分の感情最優先で、自分の思ったことは言わないと気がすまない、周りの状況や気持ちなどお構いなし、「だって、思ったことを正直に言っただけじゃない。」という調子で。しかも、被害妄想が入ってくる、こんな人と付き合えますか。
 どうしてそこまで分析できるんだと思われた方に、真実をご披露。実は、昔の私が、彼女と全く同じ人間で、しかも、それで職や友人を失っているんです。未だに、一部そういう面が残っていますので、彼女を見ていると、昔の自分や、今の自分の一部を見ているようで、痛々しいんです。私は幸い、助言してくれる人がいたので、少々の改善は見られましたが。(それでもときどきは出ますが)
 要は、どこかで気づくかどうか、気づいても、直すように努めるか、開き直るかの違いではないでしょうか。
 ていうか、言い訳するよりも、注意を素直に受け入れて仕事をした方が、早く終わるし、認めてもらえるだろ。

|

« 思いやりのかけらも無い人 2 | トップページ | あけましておめでとうございます »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103277/4486167

この記事へのトラックバック一覧です: 思いやりのかけらも無い人 3:

« 思いやりのかけらも無い人 2 | トップページ | あけましておめでとうございます »