« 少女マンガのように愛する | トップページ | うれしいお知らせ »

調子が悪い時に読む本はPHP

 皆さんこんばんは。私は、朝に調子が悪く、夜には回復、という妙な精神構造の持ち主ですが、今日は、どうしましょうか。夜も悪いです。
 昼から夕方にかけては大丈夫でした。なぜなら、月刊PHPをずっと読んでいたからです。これは、今年の8月号ですが、うちには、昔から置いてあり、母が「いい事書いてあるから、読みなさい。」と勧めてくれていたにもかかわらず、聞き流す程度でした。そして、以前、島に帰った時に、夜、暇なので本でも読もうと思い、読んだらはまったのです。そう、以前、雑誌名を告げずに(だって、なんだかいけないような気がしたから)紹介したのは、この本でした。
 その中から、自分に必要なテーマを抜き出して読む私。そして、それを読み終えたら、次は、読者投稿欄でも、と思って、また読みあさる私。読めば読むほど心が洗われるような気がして、やる気が出てきます。
 しかし…、今日は、見つけてしまったのです、自分にとって、最も耳の痛い言葉を。その号は、「ここち好い人間関係を築くヒント」がテーマだったのですが、その中に、こう書かれている方がおられました。
「他者に依存しすぎると、『こうしてあげたのに伝わらなかった』『相手からの気持ちが返ってこなかった』という気持ちが始まる。相手に大切にされていないような不安な気持ちになる、根底には自分を大切にしてほしいという感情がある、そんなつもりはなくても、相手からの見返りに疑問を感じているという事は、損得で動いている」
 心に刺さりました。なぜなら、私には、いつも相談している知人がおり、この前の失恋の時もアドバイスしてくれました。その通りの事を、本で読んだ時のショックと言ったら…。
 結局、私は、彼のためにいろいろしていたつもりでも、「私が、こんなにしてるのに…」と思ってしまったのですね。
 それに、その方はこうも書かれています。「自分とこの人は価値観が違うと心の中で潔く認めると、合わない部分で深入りしようと思わなくなる。『深入りしない=自分の事を話さない』ではなく、自分の考えを相手に押し付けないという事だ」。
 ああ…ぐさぐさ刺さります(笑)。でも、価値観を押し付けるという意味では、お互い様だから、もういいんだ、と思います。というか、宗教と言う最も受け入れがたい価値観を受け入れさせられたんだから、いいだろって思っていますけどね。(まだまだ人間としてなってない)
 そういえば、以前、ある女の子が「自分の友情観」をやたら人に協調させようとする人でした。しんどくてしんどくて、疎遠にしていたら、結局冷たいとか心がないとか言われて、終わってしまいました。
 彼女は、みんなからはいいヤツって思われていたんですけど、私には、その、押しつけっぽい所が、どうしても我慢できなかった。しかし、そのころの私は、「絶対的に正しい価値観」というものが存在していると思い込んでいて、価値観が対立したら、どちらかが正しいのだ、とすら思い込んでいました。そして、彼女は、周囲から「いいヤツ」と言われていたから、その彼女と私の価値観が違っていて、受け入れられないという事は、自分の価値観が間違っているのだと、自分が悪い人間なんだ、と、これまた思い込んでいたのです。
 あのときは、価値観が違ったからと言って、どちらが正しく、どちらが間違っているわけでもない、押し付けさえしなければいいのだ、という事が分からなかったんですね。あれからおよそ2年。最初は、自分が悪かったのかと思った事もありましたが、今は、彼女と絶縁してよかったと思います。
 さて、昨日、タコのまくら様とおっしゃる、あるサイトでお世話になっている方から「チャーミングです」とのお言葉をいただき、ちょっと自信回復して、うれしい私ですが…、これでも、チャーミングと思って頂けるかどうか、いささか不安です(^▽^;)そして、私をチャーミングだと、今のままで十分魅力的だと、思ってくれる人は、果たして出現するのでしょうか…。不安ですが、大丈夫ですよね。うん、大丈夫。

|

« 少女マンガのように愛する | トップページ | うれしいお知らせ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

わ!よかったです♪だってホントですから。うん。
って、オバサンである私に言われても「う~ん」かもしれないけど(笑)
でもね、自分ではその良さが何なのか判らない方がよりチャーミングなのですよ~。判ってしまうと意識するから魅力半減です。
PHPは私も以前よく買っていました、小さくて安くて読みやすいし。
人との関わりの中で、互いの相違点をそのまま受け入れることは難しいです。特に夫婦というあまりに身近な関係だと。でも本当に譲れない部分が合っていれば、後はどうにかなると思います。アナタは青が好き、ワタシは赤が好き、それは別なのよね、って。
台風さんはとても努力家だから、お仕事もきっと見つかると思うし良い出会いもありますよ。応援してます♪

投稿: タコのまくら | 2006年7月 9日 (日) 22時48分

こんばんは。台風さんは、まじめなのね。それと自分のことをよくわかっている。
ひとしきり怒った後でも、自分を見つめ分析している。
そこがチャーミングだと思います。私的には。
私くらいの年になると(って、そんなに違わないわよね)、怒る元気があまりなくなって来てあんな気の抜けたブログになっちゃいます。ハハ 台風さんはエネルギーの塊だな!と感じます。
私も一応結婚して今のところ、まあ普通にしてますがこの結婚が成功だったかどうかはわかりません。正直、後悔したこともあります。(すごい問題発言)
若い頃描いていた結婚とはあまりにも違いすぎてこんなはずではなかった!と、思いました。
ただ、この夫でなければ私の結婚はだめだったかな・・とも思えます。夫はものすごく忍耐強くて、人の気持ちがよくわかって、こちらの願うことを言わなくても察して
くれるのです。と、のろけているようですが、何が言いたいのかというと、要するにありのままの自分を受け止めてくれる人がいいですよってことです。傍若無人にしていてはダメですが。
努力をすることはもちろん大切ですが、いいところもダメなところもよくわかってくれて(あげられて)、ダメな時にはなぜだめなのか・・・という背景をわかってくれて(あげられる)人。そんな人いる?いるいる。
いろいろあっても最後のところで信頼できるかってことが大切かな。あたりまえか。
偉そうなこと言ってますが、何だかそういうことを言いたくなりました。
傷心の台風さんを励ましているわけでもないのですが・・・逆だったりして。頭がいい台風さんはこの私のヘタな文章を理解してくださると思います。頭良すぎるのよ~台風さん!
なんだか記事みたいに長くなってごめんなさい。
キャー!こんな時間、サッカーの決勝戦はじまるぅ。何やってんだか・・・って、思わないでね。

投稿: kume | 2006年7月10日 (月) 01時57分

人との付き合いって、難しいですよね。
人間って、誰でも多かれ少なかれ我侭ですから、自分の眼鏡で
人を判断してしまいがちです。
私も台風さんみたいに、きちんと「自分を分析できる」人になれば
いいんですが・・・なかなか上手くゆかないで悩んでいます。
台風さんって、私はとても素敵な女性だと思います。
自信を持って、お互いに楽しく生きて行きましょう。

投稿: 愛国青年 | 2006年7月10日 (月) 08時22分

タコのまくら様、kume様、愛国青年様、コメントをありがとうございます。
チャーミングで、努力家で、頭が良くて、素敵で…。もし、実際にお会いしたら、ショックを与えるのではないかと、不安です(笑)。

タコのまくら様は、価値観については、以前からおっしゃってましたよね。私が元カレとの結婚に悩んで、あちらのサイトの掲示板に書き込んでいた時、アドバイスをくださったのを覚えています。タコのまくら様のおっしゃる通り、あのとき既に、自分では答えが決まっていたような気がします。だけど、仕事までやめて…というのが、決心を鈍らせていたのでした。それと、おばさんなんて、おっしゃらないでください。私には、家庭を築いている、素敵な女性に思えます。そして、目上の方からほめて頂けるのは、うれしい事です。がっかりさせないように、頑張ります。

kume様、大丈夫です、kume様の文章は、分かりやすいですよ。結婚は、「こんなはずじゃなかった。」の連続と言いますが、kume様のコメントを拝読して、やっぱりそうかぁ…(shimizimily)としてしまいました。私も、kume様のご主人のような、素敵な方を探します!!ええ、きっと!!途中、どんなに辛い事があっても、最後に幸せならば、それでよし!!頑張ります。

愛国青年様、私は、実は、友人から「あなたは、自分を分析し過ぎ。」と言われています。(;^_^A だから善し悪しですよ。しかし、自分に自信が亡くなったとき、PHPはお勧めだと思います。特に、PHP文庫の本は。悩みは成長の種と思います。今なお、人間的に成長しようとする愛国青年様は、十分素敵な男性です。私のような、若輩者の上に甘ちゃんの意見で申し訳ないのですが…。
しかし、私にコメントをくださる方は、なんでみんな優しい方ばかりなのだろう…。やっぱり、めぐまれていますね、私は。
皆さん、ありがとうございます。

投稿: 台風 | 2006年7月10日 (月) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103277/2575293

この記事へのトラックバック一覧です: 調子が悪い時に読む本はPHP:

» No.353:やる気 [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。鉄壁の守備「イタリア」か、ジダン最後の「フランス」か・・・ ? サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会は9日、ベルリンの五輪スタジアムで決勝のイタリア―フランス戦が行われ、延長含む120分の死闘も決着がつかず、1―1のまま、PK戦に... [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 08時46分

« 少女マンガのように愛する | トップページ | うれしいお知らせ »