« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

気をつけなければいけない人

 皆さんこんにちは、お久しぶりです。今日は、とても暑いですね。暑いといつも軽井沢に住みたくなり、寒いといつも沖縄に住みたくなる、常に楽をしていたいと思うヤクザな性格の私です。
 そんな中、今日はお茶会でしたが、そんな堅苦しいものでもなく、楽しめました。
 さて、皆さんは、人を見る時、こういう人は注意しなければならない、と心で予防線を張る基準や法則はありますか?私はあります。そして、その基準に当てはまる人が、なんと、会社にいます。
 私は、初対面の、あまり良く知らない頃から「あなたは素晴らしい人。」とか「優秀だ。」とか褒めちぎる人は、絶対に信用しません。そういう人は、大体において、自分の勝手なイメージをこれ又勝手に押し付けているので、そのイメージにはまらない行動をとられると、勝手に裏切られた気持ちになって、手のひらを返すのです。全てが勝手で、わがままなのです。要注意です。
 彼女は言いました。「悩みがあったら、何でも言ってね。相談せずに辞めて行かないでね。仕事の事は分からないけど、それ以外の事は、相談に乗れるから。」と。
 しかし、率直に言わせてもらえば、そう言ったにもかかわらず、何人もあなたに相談せずに辞めていくという事は、あなたが原因じゃないのですか?と。そして、職場の同僚に、仕事以外の事で、何を相談するというのでしょうか。大体、この年になってまで、あまりよく知らない人にまで悩み相談するほど、私は孤独な人間ではありません。
 昨日は、休日出勤でした。直属の上司に、金曜日に「明日出勤していいですか?」と言い、了承してくれましたが、「午前中は納品して、午後は書類の整理をしてくれたらええよ。」と言われ、「やっぱり朝からですか(疲)」と思いつつも、午後十一時前まで頑張っていました。(ただ残った仕事をしていただけですけどね)
 そのとき、その要注意人物が、他の上司に言ったのです。「○○ちゃん、△△さんから電話かかってたよ。あなた電話中だったから、後でかけ直すって言ったけど。」その人は、実は電話をしてなくて、「いや、俺してないよ。」と言ったのですが。
 そうすると、驚愕の答えが…。その人は「言い放ち」ました。「してたの!!」と。それを聞いて、苦笑して顔を見合わせる上司二人。
 言うまでもない事ですが、してないと言われたくらいで、あんなに怒ったように叫ぶって、おかしい。普通なら、「あ、そう?じゃあ、私の勘違いかな。」でいいじゃないですか。どうして、そういう風に言い返す必要があるのか、はなはだ疑問です。
 そんなちょっとの事ですが、私は、早くも彼女の正体を見た気がして、げっそりしました。何と言うか、人間としての品はどうなの?と。
 明日からまたお仕事です。実は、まだまだ仕事が残っていて、今日も会社に行って片付けたい。まあ、でも、今日は休みましょう。
 ちなみに、お盆休みは、最初の二日は出てこないと行けないそうです。又朝からですか…あ、いやいや。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

数日間のどんでん返しへの違和感

 皆さんこんばんは。探しても探しても、あるはずの納品書が見つからず、たかが入社一週間強で、早くも出社拒否に陥りそうです。全部上司に振りたいのですが、前任者が私の名前を言っているため、納品先の業者さんは、私に苦情を言ってくるのでした。

 さて、欽ちゃんが数日前とは一転、球団の解散宣言を撤回しました。ファンの皆は喜んでいましたが、私は、なんだかなぁ、と覚めた気持ちでいます。

 だって、自分のチームが遠征しているときに起こした不祥事だったので、責任をとって、解散を決めたのでしょう。だったら、何百万署名が集まろうと、それを通して欲しかったですね。

 なんというか、「勢いに任せて言っちゃったけど、どうしよう」と思っていたところに、援護射撃がきて、「ああ、良かった、これで続けられるよ。」という感じがして、どうも、しらけるんですよね。単なるパフォーマンスだったんでしょうか。あれで本当に解散しておけば、男をあげたのに、と思ってしまいます。

 それから、これを言うと、重箱の角をつつくことになって嫌なのですが、気になるので書きます。

 解散宣言のときも、どうも真剣みに欠けるというか、それが欽ちゃんのキャラといってしまえばそこまでなんでしょうが、本当に悪いと思ってるの?と疑問を抱かせるような言い方だったし、そもそも、今回の不祥事を起こした山本という男は、以前から破廉恥な行為をしてスクープされていたのですから、最初から入団させなければ良かったのです。

 私は、そういう男を入団させた責任をとって、解散するのかな、きっちりしてるな、と思ったこともありましたが、会見を見ると、先ほども書いたとおり、どうも本気で言っているようには見えない。何だ、一応、責任をとるところを見せたかっただけじゃん。まるで三文芝居というか、出来の悪いコントを見ているようで、すっきりしなかったのです。

 欽ちゃんのファンの方々、すみません。もしかしたら、私は、人より冷たいかもしれないし、ひねくれているのかもしれない。しかし、この違和感はどうしようもなかったのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Tちゃんとのその後

  皆さんこんにちは。今日は、前にもお話しした新妻・Tちゃんとランチに行って、たくさんしゃべってきました。
 今回の破談のいきさつとか、就職の事とか。結局は、破談になってよかったね、と言ってもらって、ホッ。
 あと、今後の勉強のために、いろいろとお話を聞いてきました。それを聞いて、やっぱり、旦那は、三つ以上年上がええのぅ、と思いました。彼女は「年齢とはまた違う。」と言ってましたし、一概には言えないでしょうけどね。
 こうやって、日曜日にランチに出てこられて、ご主人がゴルフに行くと言えば、「いってらっしゃい」と言えるのは、お互い無理せずに、そして、お互いを尊重しているという事なので、いい関係ではないでしょうか。旦那がどこかに行くと、「夫婦は一緒に行動しないと!!」とばかりに、一緒に行動して、結局どちらかにフラストレーションがたまるというのは、良くはないだろうと。
 それって、結局、お互いの価値観を無理に合わせようとしているんですね。自分の時間がないと言うか。もちろん、結婚生活というものは、結婚前は自分のためだけに使った時間を相手のためにも使う事が多いでしょう。しかし、仕事以外、何から何まで一緒というのはどうかと思うのです。心理的に自立できてないと言いましょうか。
 そういえば、前にも書いた、絶縁した友人がそんな感じでした。彼の趣味を、一緒にできるのが幸せ、楽しいって感じで。
 私も、以前(と言っても、本の二・三ヶ月前)はそうだったんですけどね。
 もちろん、それは人それぞれの価値観で、休日に夫婦いつも一緒に行動するのがいい人もいると思います。でも、私が取り入れたいのは、彼女の方法だと思いました。
 何でもかんでも相手の価値観に無理に合わせたり、その逆にもしたりでは、いつかしんどくなる、と思った私でした。
 しかし、相変わらず癒されるな〜、Tちゃん。
 実は、彼女とのランチは前振りで、これからいろいろと朝鮮学校生徒への嫌がらせの謎とか、昭和天皇の遺されたメモについて、思う所を書きたかったのですが、いい気分の時はいい気分のままで終えたい。しかも、明日は、面倒な会社が控えている(既に不満があるのカー)。今日だけは、ちょっといい気分でいたいわがままな私でした。
 それにしても、次のお見合いの相手と釣書と写真をかわして、四日は経っていると思うのですが、まだ返事が来ませんよ。駄目なら駄目で、早めに言ってほしいなぁ、と思う私。
 そうそう、Tちゃんが、お見合いパーティーみたいなののパンフを持ってきてくれたよ。それにも行ってみようかな。もちろん、お見合いがなくなってからの話だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のイチロウ(伊知郎)1

 皆さんこんばんは。今日は、四国ははっきりしない天気で、小雨が降りました。
 なんだか、台風が中国および朝鮮半島を直撃したようで、すごい被害がでているそうですね。それ以前に、日本でも土砂崩れとかで、人ごとじゃない状況ですが。
 ただ、中国には、ちょっと同情しにくい。なんせ、中国ですから、欠陥工事のダムなんかがあったりして、天災だけじゃなく、人災の面も大きいと思いますので。
 後は朝鮮半島ですが、神風吹いたか?八百万の神々が怒ったか?と思いましたが、日本の神様は、そんなに意地悪ではないのでした。(でも、「天罰じゃ」と思う意地悪な私)
 さて、本題です。気象予報士と一緒に、天気図の台風の進路を見て、イチロウ(決して、イチローとは書いてやりませんよ)が言いました。

「こうなると国境なんて、関係ないですよね〜。」

(゜Д゜) ハア??…何言ってんだか…。
 竹島占拠だ、テポドンだ、スカッドだ、北朝鮮制裁決議だ、といろんな事が重なって、南北朝鮮の味方をしたくともできない状況があまりに悔しくて、どうしても中国や南北朝鮮に優しい言葉をかけたいあまりの苦肉の策なんでしょうか。
 とにかく、そんないろんな事を想起してしまうほど、天気予報とか、台風情報には似つかわしくない、「はあ?」な発言でした。
 イチロウは、やっぱり、リングの実況の方が似合ってましたね。あの、大した事なくても大げさに言うわざとらしさや、変な形容の連続は、水泳競技や、ニュースには要らんのです。

それはそうと、北朝鮮のミサイル、今回の台風で、倒れたり水がしみ込んで使い物にならなくなったりしたら、いいなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

北朝鮮制裁決議に思う事 2

そういえば、今朝のNHKの日曜討論で、北朝鮮のミサイル発射を契機に、ミサイル迎撃をしようとか言っているときに、相変わらず空想平和主義の辻元清美が「ミサイル迎撃をすると、それに対する迎撃がされるようになり、結果的にミサイルの世界拡散になってしまう。」と言っていました。すみません、言っていることの意味が分からないのは、私だけですか。敵地攻撃すら検討する必要があると言っているのに。

 北朝鮮関連で、他の番組では、朝鮮学校に対する嫌がらせが起きていることを憂慮してましたね。「子供が悪いんじゃないのにね。」とか、根本的な解決にならないことをコメンテイターが言っていましたが、そんなことは百も承知ですよ。もちろん、そういう嫌がらせをする人間が悪くないとは思いませんよ。しかし、事の責任は、本国に対してきちんと抗議しない朝鮮総連、及び対策をとらない朝鮮学校の責任者にあると思います。今回は、運が悪ければ、北朝鮮への修学旅行から帰ってくる朝鮮学校の生徒を乗せた万景峰号に落ちたかもしれないというのに、いったい、学校の責任者は、生徒を守るということについて、どう思っているのか。そして、不思議に思うのは、嫌がらせをされたと報道されるだけで、逮捕された報道を寡聞にして知らないということなんですが、これについてはどう思うのでしょうか、甘いことを言っていたコメンテイターの方々。

 果ては、韓国から女性コメディアンも出していましたね。日本の国防の危機に、韓国の人間を出してくるってどういうことですか。韓国は、北朝鮮とは別の意味で日本の主権を侵害しまくっているというのに。そうそう、以前、第二次朝鮮戦争が始まったらどうしますか、との問いに、韓国の若者が、「北朝鮮と協力して、日米と戦います。」という仰天発言をしていましたね。あと、「日本に核を落としたい。」と言っていたおばちゃんもいました。子供の反日絵画を得意げに公共の場に貼り出してましたしね。北朝鮮が終わったら、韓国ですか。本当に、息つく暇も無い。

 さて、お楽しみの番組が始まりました。田島陽子氏の代わりとしてはパンチが弱いのですが、森達也氏という親北派の論客が、異彩を放っています。彼は、この期に及んで、「日本人の北朝鮮敵視」が心配だといってますが、彼は、朝鮮総連の工作員でしょうか。これから、発言を楽しもうと思います。

 …と思っていたら、もう二時半。この後に迫り来る現実を認めたくない、現実逃避したいと思う私はどうですか。仕事についたメリットといえば、お見合いの話が増えるということだけなんですが、こんなんじゃ駄目でしょうかね。既に嫌気がさしてます。というのは、何だか、会社の中で派閥があるみたいだから。「何で、女って、グループを作って、仲たがいするんだよ~!!」という心の叫びを書きとめて、失礼致します。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

北朝鮮制裁決議に思う事 1

 皆さんこんにちは。今日も暑そうですね。こんな日、私は、家にこもっています。フジテレビでは26時間テレビをやっていますが、何かのたびにスマップの歌が流れるのがしんどく、そして対して興味のありそうな内容でもないので、無視です。第一、日曜日は、楽しい番組が少ないと思います。それでも、1時半になると、日曜日に楽しみにしている唯一の番組「たかじんのそこまで言って委員会」という番組があるので、それまで、日記を書こうと思います。書き終えるのに、大体、一時間半くらいかかるから、丁度いいくらいです。

 さて、今朝五時半頃、北朝鮮決議案が全会一致で採決されたそうです。

http://www.sankei.co.jp/news/060716/kok029.htm

日米は当初、経済制裁などを可能にする国連憲章7章を明記した決議案を作成したが、中国・ロシアが「7章決議」に強硬に反対。とくに中国は拒否権行使も辞さない構えを見せたため、安保理の分裂を懸念した英国・フランスが7章を削除する代わりに「国際平和と安全の維持への安保理の特別の責任」を明記する妥協案を提示し、日米も土壇場でこれを受けいれた。

(引用終わり)

正直、7条が削除されたと知ったときには、ショックでしたが、(わたしの)考えによっては、今回の決議で、それでも北朝鮮が無視するならば、今度こそ7条を入れればいいことだし、たとえ、日本が単独で制裁しても、文句は言われないのです。

 と言っているところに、早速来ましたよ。

http://www.sankei.co.jp/news/060716/kok035.htm

北朝鮮大使、決議を全面拒否 「発射は国家の権利」

.
【ニューヨーク15日共同】

何だか、やけくそになっているような気がするのは私だけですか。それとも、7条が削除されたことで、まだまだいけると思っているんでしょうか。でも残念でした。同胞であるはずの韓国にすら、見捨てられましたよ。もっとも、韓国が裏切ったところで、ロシアや中国から見捨てられなければ、それでいいのでしょうけどね。しかし、韓国も、最後の最後に翻りましたね。

http://www.sankei.co.jp/news/060716/kok044.htm

韓国も北決議支持を表明 「公約守るべき」

最後まで、北朝鮮と運命をともにすると思ってましたが。やはり、事大主義は変わらないみたいです。何だか、三国志演義の呂布を見ているようで、哀れをもよおします。

 まあ、もしかしたら、これ以上妄言大統領に変なことを言われたら、国連を敵にまわしてまで犯罪国家の擁護をすることになり、韓国の未来も危ないと思った政府が、何も言うなとストップをかけた可能性もありますが。今ごろ、反日親北大統領は、自分の不見識さを嘆いているかもしれませんが、あくまで北朝鮮の味方をするならば、それくらいの覚悟と国力を備えておくべきだったと思いますよ。単刀直入に言えば、分を弁えろ、ということです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

私がこんなに使えないヤツだとは…

 皆さんこんばんは。昨日は初出勤のため、心身ともに疲労し、結局ブログを更新できませんでした。昨日今日と訪れてくださった合計145名の方々に、心よりお詫びを申し上げます。しかし、おそらく、これからは毎日更新はできないと思います、すみません。
 さて、今日は出勤二日目でした。正直、本当に、タイトル通りの事を思っていました。何がなんやら、さっぱり分からないのです。説明されても、その内容が分からない…。ああ…。
 ちなみに、今回の求人は、退職する人の代わりを確保するという事で、出したらしいです。その人は、20日で退職です…。お願い、もう一ヶ月いて…。とても、一週間で仕事を把握できるとは思えません。やはり、この年齢で、経験もないのに、事務職に就こうと思っていた私が間違っていたのでしょうか。それでも、全体の流れを把握すれば、できるようになるのでしょうか。
 なんだか、自信喪失の夜であります。楽しいお話ができなくて、すみません。(*- -)(*_ _)ペコリ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

飛び込む勇気

 皆さんこんばんは。私も、とうとう、三ヶ月にも及ぶプー生活にも終わりを告げ、明日から、社会人復帰する事になりました。
 実は、今、とても不安です。いつもいつも理屈っぽいブログや熱いブログを書く台風が、いったいどうした事か?と思われるかもしれません。しかし、不安で仕方ないのです。
 昨日は、ただうれしいだけでした。採用してくださった方の顔に泥を塗らないためにも、なるだけ早く仕事を覚えよう、そう思っていたのですが。
 その不安の理由は、クビにならないかということ。昨日のエントリでも書きましたが、私は一度、採用をもらった会社を、四ヶ月で解雇になっています。なんつー…ひどい社員だったかという事は、推して知るべし。
 不安になった私は、気分転換に、美容院にカラーリングに行きました。そう、そこは、もう六年ほど通っていて、いろいろ相談にも乗ってくれる、私にとってはありがたい先生(男性)がおられるのです。ここで、男という事は、お客さんにありがちな、美容師への恋心〜♪と想像するかもしれませんが、残念でした、奥さんお子持ちです。
 その先生が、実は、以前に「いつも余計な事を言うから、男はそれにかちんと来る。」とアドバイスしてくださった知人です。そして、今回もアドバイスをくださいましたよ。「余計な事や、屁理屈を言わなかったら、大丈夫だ。」と。ああ、ぐさぐさ…(以下略)。しかし、そのおかげで、心に銘じて、頑張って行けると思います。
 そう、私の不安とは、「仕事をこなして行けるか。」という事以上に、「会社の人とうまくやって行けるか。」という事なのです。そりゃ、人間ですから、誰にも嫌われず、誰ともトラブルを起こさずなんて事は無理かもしれません。ただ、私は、その余計な一言で、怒らせる事が多い。おそらく、指摘してくださった先生や、私の周囲の人にも、嫌な思いをさせてきたのでしょう。できれば、先生についてもらって、「ほらそこ!!」と指摘して頂ければいいのですが、そうも行かないのは百も二百も承知。ていうか、どこまでわがままやねんって話です。
 その不安を打ち消すために、今夜は、「『品のいい』大人になれる55のマナー」を読んで、初出勤に備えようと思います。あと、この「『話す力』が身につく本 なぜか人間関係がうまくいく55の法則」という本も買って読もうかな、と思います。
 何にせよ、今度こそは、無用なトラブルを起こさず、職場の先輩方と仲良くやって行きたいので、必死です(笑)。多分、素直に真面目に仕事をしてれば、悪い事はないと思うんですけどね。
 でも、よく考えてみたら、新しい環境に飛び込む時って、誰でも多かれ少なかれ、不安がありますよね。希望というポジティブな気持ちばかりではないと思います。へこたれそうになった時は、自分だけじゃないという事を思い出して、頑張ろうと思います。最後にお知らせですが、後で、昨日のエントリにちょっとだけ加筆しようと思います。ではでは、どうか、見守っていてくださいね。<(_ _)>
〜追記〜
19:04に、昨日のエントリに追記を加えました。ややこしくてすみません。



「品のいい大人」になれる55のマナー

Book
「品のいい大人」になれる55のマナー

著者:永崎 一則

販売元:PHP研究所

Amazon.co.jpで詳細を確認する




「話す力」が身につく本 なぜか人間関係がうまくいく55の法則 PHP文庫

Book
「話す力」が身につく本 なぜか人間関係がうまくいく55の法則 PHP文庫

著者:高嶌 幸広

販売元:PHP研究所

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック

 皆さんこんばんは。先ほど、国連安保理の北朝鮮制裁決議案採択日が延期になった事を知りました…。今から、PHPを読みながら寝ます…。では、又後で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うれしいお知らせ

 皆さんこんばんは。うれしいお知らせとは、すみません、期待させて申し訳ないのですが、「北朝鮮制裁決議採決!!」ではありません。ていうか、それが決まるのは、夜中だし。夜中まで更新を控えようと思っていました。ええ、もちろん、決議の瞬間はテレビに張り付きますよ。
 さて、この期に及んで、中国が反対の立場を取っているようですね。しかも、これ→中国訪朝団平壌入り、ミサイル発射凍結など説得 :YOMIURI ONLINE
 悪あがきにしか見えないのは、私だけですか。しかも、もう少し北朝鮮を良い立場にしたいなら、どうしてもっと早く、脅しでもかけなかったんでしょうか。どうやら、ミサイル発射を、中国はあらかじめ知らなかったようですし、ここまで顔に泥を塗られても擁護する意味が分かりません。北朝鮮の地下資源が欲しいなら、北朝鮮など、さっさとつぶして、自分の領土にした方がいいのでは?と国際事情音痴の私は思うのでした。
 ええ、お待たせしました、ここからが本題です。いきなり話が変わりますが、私、今日、就職が決まりました。(私にとってはうれしいお知らせなの、ごめん)
 おととい、「仕事に就いて、自分の軸をしっかりしないからこんなことになる」とエントリで書いたり、昨日、コメントで「明日から、エンジンをかけます。仕事をしないとね、いろいろ要らない事を考えますし、何より、”小人閑居して不善を為す”という事になりますから。」とか書いた手前、今日こそは、職安に行って、探してこんとな〜と思いつつ、でも、とりあえずは求人票を持ち帰って、人材派遣センターに登録して…と思っていたら、思わぬ好条件の会社を発見!!しかも従業員60人以上!!
 で、相談したら…「あんた、今日で締め切りや言いよるで。五時なら大丈夫やって言ってるから、行って来な。」そのとき、時刻は午後三時過ぎ。履歴書は、ワードの中。手書きの方がいいのは分かっていましたが、時間がない。急いで、ちょこちょこと手直しをし、プリントアウトして持って行きました。
 好感触でした。でも、面接のとき、いくら好感触でも、結果はまた別、と思っていました。あまり、決まる前からはしゃぎすぎるのもね。
 そして、帰宅して、一時間ほどして、採用のお電話がありました。やはり、職が定まると、失恋のショックも幾分か薄れますね。でも、採用されたからと言って、油断はできません。私は、以前、就職が決まって浮かれていたら、見事クビになったと言う前歴があります。今回は、採用を決めてくださった方の顔を潰さないよう、頑張って行きたいと思います。
 今回の失恋では、このブログに訪れてくださった方々を含め、いろいろな方にお話を聞いて頂き、そのおかげで前向きになれ、この不況に就職を勝ち取ると言う幸運にめぐまれました。心から、お礼を申し上げます。
 さて、初出勤は、あさってからです。夜更かしも今夜で終わりです。私の就職祝いは、北朝鮮制裁決議案採択でしょうか。ぜひともそうなり、私に勢いをつけて頂きたいものです。

〜追記〜
 おそらく、今まで就職活動を真剣にする気にならなかったのは、どこかで、前の彼に対するあきらめがついてなかったのですね。「(彼は大阪の人だから)こっちで仕事が決まったら、もし、彼が思い直してくれても、戻れない。」と、心のどこかで思っていたのです。しかし、人間は、前に進まなければならない。動かなければ、死んでしまいます。
 結局、今までなんだかんだ言って就職活動をしていなかった私は、いつもの被害者気分に自分を追い込んで、彼に固執していただけだったのです。前には「好きでも、その人のためにあきらめなければいけない事もある」と偉そうに書いておきながら、彼が戻ってこないという事実を認めるのが、どうしても嫌だったんでしょうね。
 手を伸ばせば、光はすぐそこにあるのに、伸ばそうとしなかった。進む勇気がなかったのです。
 今回の事は、自分の糧として、決して無駄にしないように、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

調子が悪い時に読む本はPHP

 皆さんこんばんは。私は、朝に調子が悪く、夜には回復、という妙な精神構造の持ち主ですが、今日は、どうしましょうか。夜も悪いです。
 昼から夕方にかけては大丈夫でした。なぜなら、月刊PHPをずっと読んでいたからです。これは、今年の8月号ですが、うちには、昔から置いてあり、母が「いい事書いてあるから、読みなさい。」と勧めてくれていたにもかかわらず、聞き流す程度でした。そして、以前、島に帰った時に、夜、暇なので本でも読もうと思い、読んだらはまったのです。そう、以前、雑誌名を告げずに(だって、なんだかいけないような気がしたから)紹介したのは、この本でした。
 その中から、自分に必要なテーマを抜き出して読む私。そして、それを読み終えたら、次は、読者投稿欄でも、と思って、また読みあさる私。読めば読むほど心が洗われるような気がして、やる気が出てきます。
 しかし…、今日は、見つけてしまったのです、自分にとって、最も耳の痛い言葉を。その号は、「ここち好い人間関係を築くヒント」がテーマだったのですが、その中に、こう書かれている方がおられました。
「他者に依存しすぎると、『こうしてあげたのに伝わらなかった』『相手からの気持ちが返ってこなかった』という気持ちが始まる。相手に大切にされていないような不安な気持ちになる、根底には自分を大切にしてほしいという感情がある、そんなつもりはなくても、相手からの見返りに疑問を感じているという事は、損得で動いている」
 心に刺さりました。なぜなら、私には、いつも相談している知人がおり、この前の失恋の時もアドバイスしてくれました。その通りの事を、本で読んだ時のショックと言ったら…。
 結局、私は、彼のためにいろいろしていたつもりでも、「私が、こんなにしてるのに…」と思ってしまったのですね。
 それに、その方はこうも書かれています。「自分とこの人は価値観が違うと心の中で潔く認めると、合わない部分で深入りしようと思わなくなる。『深入りしない=自分の事を話さない』ではなく、自分の考えを相手に押し付けないという事だ」。
 ああ…ぐさぐさ刺さります(笑)。でも、価値観を押し付けるという意味では、お互い様だから、もういいんだ、と思います。というか、宗教と言う最も受け入れがたい価値観を受け入れさせられたんだから、いいだろって思っていますけどね。(まだまだ人間としてなってない)
 そういえば、以前、ある女の子が「自分の友情観」をやたら人に協調させようとする人でした。しんどくてしんどくて、疎遠にしていたら、結局冷たいとか心がないとか言われて、終わってしまいました。
 彼女は、みんなからはいいヤツって思われていたんですけど、私には、その、押しつけっぽい所が、どうしても我慢できなかった。しかし、そのころの私は、「絶対的に正しい価値観」というものが存在していると思い込んでいて、価値観が対立したら、どちらかが正しいのだ、とすら思い込んでいました。そして、彼女は、周囲から「いいヤツ」と言われていたから、その彼女と私の価値観が違っていて、受け入れられないという事は、自分の価値観が間違っているのだと、自分が悪い人間なんだ、と、これまた思い込んでいたのです。
 あのときは、価値観が違ったからと言って、どちらが正しく、どちらが間違っているわけでもない、押し付けさえしなければいいのだ、という事が分からなかったんですね。あれからおよそ2年。最初は、自分が悪かったのかと思った事もありましたが、今は、彼女と絶縁してよかったと思います。
 さて、昨日、タコのまくら様とおっしゃる、あるサイトでお世話になっている方から「チャーミングです」とのお言葉をいただき、ちょっと自信回復して、うれしい私ですが…、これでも、チャーミングと思って頂けるかどうか、いささか不安です(^▽^;)そして、私をチャーミングだと、今のままで十分魅力的だと、思ってくれる人は、果たして出現するのでしょうか…。不安ですが、大丈夫ですよね。うん、大丈夫。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

少女マンガのように愛する

 皆さんこんばんは。 朝の怒りは、もう大丈夫です。エントリにいただいたコメントを拝読したり、祖母と電話で話したら、気が晴れました。ハラハラさせてすみません<(_ _)>
  さて、今日二度目の更新は、昨日宣言した通り、20年ほど前の、少女マンガのお話です。あさぎり夕さんという漫画家さんなのですが、確か、講談社の「なかよし」等に描いていたと思います。私は、コミックになったものしか読んでないのですが、その中に、「こっち向いてラブ!」というマンガがあったのです。
 自分の容姿に自信のない愛里(ニックネームがラブ)と言う女の子が、ある若手カメラマンに出会い、化粧などできれいに変身し、スターになる、というお話。そのカメラマンは、ラブの笑顔に一目惚れしたけど、ラブは、アパートの隣に住むスタントマンに恋をしていて、温かく見守るのです。そのカメラマンは、心臓を患っていて、二十歳までは保たないと言われていたので、恋はすまいと思っていた所が、彼女に恋をしてしまうという、切ない役。最後は、死んでしまうんですけどね。
 最後に、ベッドで、ラブにカメラを持ってくるように言います。ラブがカメラを撮りに行く間に死んでしまうのですが、ラブの背中を見ながら、「愛しい少女、誰よりも愛しい…」と思うのです。
 正直、私にはできません。自分に好きな人がいて、でも、その人は他の人を好きで、それを近くで見守る…。いい加減あきらめて、次に行きたくなるのですが、彼は、余命幾ばくもないので、ずっと好きでいられたのでしょう。そして、好きになってつきあっても、どうせ死んで悲しませるくらいなら、そばで彼女を見ていたいと思ったのでしょう。それならば分かります。
 どうして、そのマンガが気になったかと言うと、昔持っていたのですが、何らかの理由でなくし、頭の隅にあったのです。そして、昨日、古本屋さんで偶然見つけ、その写真家の彼が亡くなった所と、そのちょっと後の下りだけ見たのです。ちょっと涙しました。少女マンガと侮っていた私が甘かった。それとも、少女マンガに涙する私が甘いのか。
 そして、納得しました。こういう愛し方もあるんだな、この人は、これで幸せだったんだろうな、と。自分が近く死ぬと分かっていて恋をするのも切ないですが、好きなまま逝けるのは、幸せではないだろうかと思うのです。そして、私も、そんな風に、死んでゆきたかったな、と思いました。
 こんな感傷的な気分になるのは、先ほどのエントリで書いた通り、今日、元カレが、四国に来ているからなんですけどね。もうすぐそこを出発するころか?早よ帰れ〜、遠ざかれ〜。しかし、二週間後には、またくるんだよなぁ…。その頃には、私にも誰かいたらいいなぁ…(激願)。
 尻すぼみなエントリで、ごめんなさい。<(_ _)>でも、たまにはね、こんな力の抜けたのもね、いいでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝っぱらから怒っています。

 皆さんこんにちは。今日は、昨日の予告通りに、昔のマンガを取り上げてみようと思ったのですが、その前に…どうしても我慢できなかったので、書かせて頂きます。
 先日お見合いして、残念ながら、お断りしました。でも、その相手が、なぜかあきらめてくれない。もう一回だけ会ってもらえないだろうか、と言ってきているそうです。しかも、仲人さんが、本人に電話してみたら、と言ったらしく、昨日、本人からかかってきました。…はあ。もちろん、私は電話をとってませんが。
 こういうのって、どうすればいいのでしょう。私が直接お仲人さんに伝えたらいいのでしょうか。私の母は、他人にはきつく言えない性格で、ただ、「相手が気の毒や。」と。母を責めるつもりはありません。私が出るべき電話を、母に代わってもらっているのですから。だから、一番傷つけないような「ご縁がなかったという事で」と伝えてもらったのに、どうして、それで解ってくれないのでしょうか。
 それより、お見合いって、一回会って、そこで駄目なら、もう後はない、そういうものではないのでしょうか。恋愛じゃないのですから、一回断られたくらいであきらめるな、思っていたら必ず通じるなんて考えは通用しないと思います。
 ええ、怒っていますよ。それは、私、一ヶ月ほど前に、お見合いしてつきあっていた彼と破談になって、あきらめたくなくても、これ以上追うと更に迷惑をかけるし、前にも進めない、と思って、あきらめたという経緯があるからです。
 彼は宗教活動をしているので、別れても、その施設に行けば会えるという状況ですが、元々彼に紹介された宗教だという事もあり、その施設に行けば、会ってしまう。それでは、要らぬ期待をしたり、逆に憎んだりして、なおさら苦しいと思ったから、そこの宗教をやめました。それでも、いつでも遊びに来てくれたらいいと、信者の方には言われてますが。
 会いたいし、会おうと思えば会える状況にあるのに、会わないという選択をとるという事が、どんなに辛かったか、その人は考えた事があるのでしょうか。もっとも、私はめぐまれているのかもしれません。職場失恋とか、クラスメイトだと、耐えられそうにないと思います。
 好きという感情は何よりも貴い、その思い込みが、相手を苦しめる事もあると、相手の事も考えてあきらめなければいけない事もあると、どうして分からないのでしょうか。解ってもらえないのでしょうか。
 やはり、全ての元凶は、まだ心に整理がついてないのに、お見合いをすると言う、私の失礼な態度にあったのでしょうね。そういう自分の汚さに、嫌気がさします。第一、仕事に就いて、自分の軸をしっかりしないから、こういうことになるんですね。
 今日は、元カレが二週間に一度の宗教行事のために、四国にやって来ます。この日が今は一番きついです。何とか、淡々と過ごしたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

七夕な夜だから

 皆さん、再びこんばんは。今夜は七夕ですね。織り姫と牽牛が、年に一度の逢瀬を楽しめるとき。ロマンチックですが、私は、一年に一度は、やっぱり寂しいですね。(元も子もないことを言うな)
 さて、七夕の夜に、笹を立て、七夕飾りをし、短冊に願い事を書いてつるせば、願い事が叶うと言います。皆さんも、子供のころは、保育所(園)、幼稚園、小学校で行事があったと思います。そのとき、何を願いましたか?そのお願いはかないましたか?
 さて、私が小さいころは、「お嫁さんなんて、誰でもなれるやん、そんなことより、もっと他のお願いをするんじゃ〜。」と思って、違うことをお願いしてしまいました。いや、まさか、お嫁さんになることが、こんなに難しいとは思わなかったんですよ…。。゚・(ノд`)・゚。 ちなみに、そのときしたお願いは、覚えていないので、かなったかどうかは、謎です(笑)。
 料理教室へ行く途中、商店街があるのですが、そこに、保育所(園)や幼稚園別に、七夕飾りをしていました。やっぱり、小さい子は、お願いがかわいくて、微笑ましいですね。
おとうさんと、むしをいっぱいつかまえられますように
とか
○○くみのみんなといつまでもなかよくできますように
とか。
 思わず、私も、こっそり「お嫁さんになれますように」ってお願いごとを書いた短冊をつるしそうになりました。
あ、さっきのエントリで秘密って言ったのに、ばらしちゃったや…。(´・ω・`)まあいいか、ここを訪れてくださってる皆さんには、もうバレてますよね?
 皆さんの、今宵のお願いごとが、全て叶いますように!!
 
予告〜明日は、二十年くらい前に読んだ、あるマンガについてです。
 ではでは、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北朝鮮関連事件

 皆さんこんばんは。今朝は、なぜか、誰かは知らないけど、私の彼氏(と夢の中では設定されている)と、超ラブラブモードの夢を見てしまい、ブルーでしたが、お花とお茶をしているうちに、「夢だしなあ。」と割り切れるようになりました。いつまでたっても、夢に振り回される私。もっと強くなりたいと思います。というか、そんな夢を見た意味を知りたい。夢には、願望や恐れ、気にかかっていることが表れると言いますが、そうか、恐れか…(ということにしてください)。
 さて、私は、沿岸にミサイルを撃ち込まれながら抗議の一つもしないロシアを怪訝に思っていましたが、私のよく訪れる掲示板では、ロシア沿岸に落ちたのではないのでは?という説が挙っています。時間が経つにつれて、着弾点が、ロシア沿岸に近づいている、と。つまり、情報操作ではないのか?と。
 私には、そのようなことをすることの意味が分かりませんが、着弾地点まで報道機関に嘘を吐かれたら、私たちは、何を信じればいいのでしょうか。
 そして、本国が悪さをやらかした時の、お決まりの事件が。 asahi.com:朝鮮初級学校1年男児、男にたたかれる 大阪・生野区
 被害に遭った児童は、かわいそうと思いますよ。でも、容疑者が逮捕されない限り、動機も分からないわけです。なのに、いきなり「ここ数年、児童を狙った暴行事件は起きていなかった。昨日の(北朝鮮ミサイル発射の)影響と思わざるをえない」とは何ですか。
 しかも、事件の概要を読むと、これまたおかしいんですよね。「追い越し様」なら、「首の後ろ」でも分かるんですが、「すれ違い様」に首の後ろをたたくなんて、難しいと思います。手の甲でたたいたのか?でも、たたくというのは、普通、手のひらでだと思います。それとも、すれ違い様というのは、顔とか校章を見て、朝鮮学校の児童だと確認して、殴ったということでしょうか。それでも、そんな一瞬でそこまで確認できるのか?という疑問が残ります。
 できたとして考えて、たとえ、今までに被害がなかったとしても、いつも、本国が何か問題を起こした時に、他校ではチマ切り裂き事件が起こっているでしょう。だったら、今回は自分の学校が狙われるかも、と思って、保護者に通達を出したり、警戒するのが学校の責任者の責務では?とるべき対策をとらずに、ミサイル発射への嫌がらせだと言われても困ります。だから、自作自演だやらせだって言われるんですよ。
 ちなみに、今までのチマ切り裂き事件では一度も犯人が捕まっていないそうです。ぜひとも今回は捕まえて、動機を聞き出したいものです。その動機が、校長先生の言われる通りなら、同じ日本人として、恥ずかしく思います。
 夏は変なのが出てくると言うし、見つかったら動機が分かるでしょうし、見つからなければ、また真相は闇の中、となるので、そういう意味でも、私は犯人の早期逮捕を望んでいます。…闇の中になりそうな気がすごくしますが。

 最近、不穏なことばかりで、自然と書くことも不穏なものになってますからね。最後くらいは、夢のある終わり方で。
 今日はいい夢を見られるようにします。そう言えば、七夕ですね。皆さんは、短冊に何と書いてつるしますか?私は…秘密です。願いよ、かなえ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北朝鮮周辺国への読み〜痛恨のミス 2

もう一つ、北朝鮮の声明: 北朝鮮、ミサイル発射を正式に認める : YOMIURI ONLINE
本文抜粋
朝鮮中央通信によると、北朝鮮の外務省報道官は6日、「今回の成功的なミサイル発射は、自衛的国防力の強化のため、我々の軍隊が通常行っている軍事訓練の一環だ」と述べ、ミサイル発射の事実を正式に認めた。
 報道官はさらに、「日朝平壌宣言や核問題をめぐる6か国協議の共同声明のような合意には拘束されない」と主張した。

 ええ、分かっていましたよ、あなた方が、息を吐くように嘘を吐く民族だと言うことはね。全く、ロシアは60年くらい前に日ソ不可侵条約を一方的に破棄するし、中国では、本物は詐欺師くらいだと嘆くくらいの御国柄だし、南北朝鮮は約束なんてくそくらえの民族だし、どうして、日本の隣には、ろくでなしばかりそろっているのでしょうか。
 もし、陸続きだから、ああいう性分が伝染して行ったのだとしたら、そのろくでなし国家と陸続きではなかったことが、日本にとっては唯一の救いとでも言えましょうか。
 そう言えば、今日、金英男親子が会見をしたそうですね、「平壌」で。内容は、聞くだけ無駄なので、耳に入れる程度にしましたが、それでも許せないのは、娘のキムヘギョンちゃんに「(横田さん夫妻にも)平壌に来てほしいです。平壌で会いたいです。」と言わせたこと。普通の感情なら、「会えるならどこでもいい」と言うはずですからね。
 あと、この大事な時期に中国に行っていた小沢さん、何か、収穫でもありましたか?まさか、「靖国神社参拝のことは遺憾です、ごめんなさい」、で帰ってきたんじゃないでしょうね。…と思っていたら…。
北朝鮮ミサイル:小沢民主代表が、経済制裁に慎重姿勢−MSN毎日インタラクティブ
 社民党ですら、制裁を容認しているのに、民主党って、社民党の上を行くサヨクだったんですね。本当にもう、中国に行ったまま、帰ってこなかったら良かったのに。
 長くなりましたが、今回のことで、日本海は海上封鎖でもしているでしょうし、それによる漁業関係の方々の経済的損失を考えると、気の毒で仕方ありません。今回、7発もミサイルを撃ち込まれながら、日本の船舶が被害を受けなかったことが不幸中の幸いですが、今後も北朝鮮はテポドンを発射すると息巻いていますし、予断を許さない状況と言えましょうか。くれぐれも、お気をつけ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北朝鮮周辺国への読み〜痛恨のミス 1

 皆さんこんばんは。今日は、料理教室でした。そこの先生はちょっとキツい人なのですが、講義だけで、実際に実習を手伝ってくれる助手の方が優しいので、頑張れます。 
 さて、昨日の私の読みは、見事に外れました。まさか、自国の沿岸にミサイルを落とされたり、顔を潰されたりして、それでも味方をする国などないだろう、と思い込んでいましたので、書きまくってしまいました。本当に、自分の不見識さが情けないやら、恥ずかしいやら、皆さんに申し訳ないやら…。
私の不見識さが露呈した記事:NIKKEI NET:北朝鮮非難決議案、資金・物資移転停止盛る
 我が目を疑いましたよ、この記事を読んだ時は。もしかして、中ロともに、今回の発射をあらかじめ知っていたのでは、とすら思えます。いや、それに関しては、アメリカも同じですね。だとすると、事前に、貢ぎ物と一緒に、「今度ミサイルを発射しますけど、何卒穏便に」とでも頼みに行った?でないと、中ロが国連を敵に回してまで北朝鮮の味方をする意味が分からんのです。
 私としての考えもあるのですが、それも、仮説の域を出ませんし、また思い込みだと行けないので、ここでは省略します。
 しかし、今回だけは、日本も引き下がらないようですね。
Sankei Web 政治 政府、露サミットで非難決議目指す 北ミサイル発射(07/06 14:05)
本文一部抜粋
安倍晋三官房長官は6日午前の記者会見で、(中略)日本が国連安保理に提示した北朝鮮制裁決議案に中国とロシアが難色していることに対し「間違っても北朝鮮にシンパシーを持っていると疑われるようなことがあってはならないのではないか」と両国を強く牽制した。
 今月15日から、ロシアで主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)が開催され、そこで、日本政府は、北朝鮮のミサイル発射を非難する声明を採択を働きかける方針を決めたそうです。ここが正念場ですね、日本政府もアメリカ政府も。外交努力で、どこまで中ロを引きつけられるか。中ロも又、国連全てを敵に回してまで、あのお荷物の味方をするかどうか…。北朝鮮と同民族の、韓国でさえ、味方をしかねる状況だというのに…。
 私は、中ロは、北朝鮮が崩壊しない方がいいと思っているように見えますし、大国の奢りのようなものも見えますので、そう簡単に声明を翻すことはないと思いますが、今回ばかりは、そうはいかないんじゃないでしょうかね。世界情勢を見極めるのも、国が生き残ってゆく道ですよ。あんな小国一つになめられて、それでもいいわ、と言うなら、もう何も言うことはありませんけどね、中ロには。特に中国様、儒教社会の親ならば、きっちり馬鹿息子を叱るくらいのことはしてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全てぶち壊してくれる北朝鮮 2

 正直、最も怒ってほしいのは、日本政府ですけどね。第一、拉致被害者問題の時には経済制裁しなかったのに、この違いはなんですか。これで、日本政府が拉致被害者問題をどう思っているか、分かってしまった気がしました。
 そして、今回、この期に及んで売国奴発言をやらかした人物を、挙げておきます。こんなコメントを流したテレ朝もテレ朝。TBSの次に、電波停止勧告でも出しますか。
テレ朝スーパーモーニング

鳥越「アメリカは独立記念日に花火をあげる それといっしょ 大騒ぎするのはおかしい(嘲笑)」

森本教授等がまじめに解説するも、鳥越が「まぁ 騒がないほうがいい^^;苦笑」とちゃかす

作家山崎洋子「男の人は、こういう話になるとやけに高揚する。 私は今回のことで、再び軍国日本に戻るんじゃないか、いつか来た道を進むんじゃないかと不安になる」

鳥越「今回の出来事は、小泉外交が何の意味も成さなかったという証拠。 まったく、小泉政権というのはこの国にとってなんだったんでしょうかねェ」

皆さん、この二人の名前を、よく覚えておいてください。私は、最後の山崎洋子氏の発言だけリアルタイムで聞きましたが、最初、北朝鮮のことを言っているのかと思いましたよ…。あなた方、どこの国の人間ですか。さっさと日本国籍を返上し、北朝鮮の国籍を取得して、移住でもしてください。
 
最後に独り言(注:腹が立っているので、かなり言葉が汚いです。)
今日は、本当なら、何とか気を持ち直しつつ、四時からの「すいか 」(小林聡美主演)の再放送を見てほのぼのしようと思っていたのに、ええ、「すいか」は見ましたよ。ほのぼのしました。でも、それ以上に北ミサイルショックが大きくて、ほのぼのが一瞬で終わってしまったじゃないかー(激怒)!!アホ!!

 私は、崩壊するまで、北朝鮮を絶対に許しませんよ。
 それと、ことごとく北朝鮮側についた日本人も、死ぬまで、許しませんよ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

全てぶち壊してくれる北朝鮮 1

 皆さんこんばんは。昨日の天気予報では、梅雨前線が張り出して、大雨になる恐れがあるとか言われていましたが、土砂崩れは大丈夫でしょうか?どこかの地域では、自主避難している世帯もあるとか。くれぐれも、お気をつけ下さい。
 さて、私は、今朝は、また調子が悪く、○ natsuka.net 応接室 ○の皆さんの書き込みを読んで気分直しをしようと思っていたら…。どうやら、早朝、降ってきたのは、雨だけではなかったようですね(これでもかなり怒っている)。
Sankei Web 北朝鮮、7発目のミサイル発射 日本海に着弾(07/05 17:42)
 午前中は、6発だったのですが、その後、もう1発打ったようですね。ロシアの情報では、10発とか。7発目は、ロシア沿岸に落ちたようで、テンパって、訳分かんなくなってるのか?と思ったり。
 実は、私は最初、ものすごく単純な見方をしていました。それは、「中国は尖閣諸島に行ってるし、韓国は竹島に行ってるし、自分だけ取り残されたらいかんと思ったのじゃないか?」というもの。しかし、いろんなニュースやブログや掲示板を読んでも、そんな説は一つもなく…。甘くてごめんなさい…。自分の不見識に、改めてがっかり。
 それはそうと、どうやら、テポドン2(長距離弾道ミサイル)は、アラスカに向けて発射したのじゃないかとの説がありますね。まさか、「もし経済制裁したら、恐いぞ〜」と脅したかったとか。
 しかし、ロシア沿岸にまで打ち込むのはやり過ぎですよ。私には、なんだか、人生全てが嫌になったジコチュウ人間が「どうせ死ぬなら、周りの奴らも道連れにしてやるぜ!!」と自暴自棄になったように思えるのですが、違いますか?だったら、ついでに、中国にも飛ばして、本気で怒らせたら良かったのに。いや、中国は、以前北朝鮮が飛ばした時に、経済制裁発動を止めた経緯がありますし、打ち上げ自粛を要請していたのを無視した形になりますからね。儒教社会では、属国は宗主国にたてついたらいけないんじゃなかったでしたっけ?
 とか言っていたら、中国がまだこんな眠たいことを言っています。「事態に重大な関心」 北朝鮮ミサイルで中国 (共同通信) - goo ニュース
 しかし、さすがの中国も、アメリカやロシアまで敵に回す無謀さはないでしょう。米ロどころか、国連まで敵に回す方を取るか、北朝鮮を見切るか。正直、私は、中国が、北朝鮮をお荷物と思っているように見えます。ここまでならまだしも、これ以上何かやったら、面倒は見きれんぞ、と。その、”これ以上”をやらかしてしまった北朝鮮。いい機会です。やっちゃってください。
 あと、韓国がどう出るかも見物ですが、あの大統領じゃなぁ…。まあ、四面楚歌の中、それでも北朝鮮への経済制裁反対なんて表明したら、漢(おとこ)ですな。評価はしませんけど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

素直

 みなさんこんばんは。実は、先ほどせっかくもう少しで書き終えそうだったブログを、誤って消してしまい、かなりショックです。これからは、段落ごとに下書きとして保存しておこうと思いました。
 今日は、六年ほど通っている美容室に行ってました。友人の結婚式の時もそこにお願いしたのですが、後ろをそろえた方が良いと言っていたのを思い出し、行ったのです。そして、そこの先生が優しいので、話の相手をしてもらい、「やっぱり素直にならなきゃね。」ということで意見が一致しました。いつもありがとうございます、先生。
 さて、今、自己改革系の本を読んでいて、二冊目を途中まで読んでいたのですが、やめました。
  以前にご紹介した斉藤茂太先生の本は、心にすっと入ってくるのですが、その人の本は、何と言いましょうか、違和感と言うか…。一言で言うと、「あんた何様?」と言いたくなるような内容なのです。もちろん、その人の本に共感する人もいるだろうし、私の好きな作家に違和感を持つ人もいるかも知れない。これは、合う合わないの問題なのだと思います。
 そして、気分直しに、三冊目の、中谷彰宏さんの「なぜ彼女に『気品』を感じるのか」を読みました。
 中谷彰宏さんは、他にも女性向けの本を何冊か書かれていて、私はそれは読んだことがないのですが、なるほど、売れるわけが分かりました。一瞬、女性じゃないか?と思うほど、女性を分かっていると言うか、受け入れやすい書き方をする。それでいて、「俺は、女の子とは何でも知ってる。」という傲慢さがない。とにかく、優しいのです。そして、一つ一つのセンテンスが短く、簡単です。
 やはり、受け入れられやすい本は、斉藤さんのといい、中谷さんのといい、同じ目線で、「こうしなさい」と言うより、「こうした方がいいよ」とアドバイス型の方がいいのですね。
 これからも、このお二人の本を読もうかな。私にとって、最高に合うのは、このお二人の本のようです。皆さんも、こういう自己改革系だけじゃなく、そんな作家、いませんか?
 何と言うか、この人の書く事は、素直に受け入れられる、ああ、そうだな、と心から思える、みたいな。いたら、既に、あなたは一つの幸せを得ているのかもしれませんね。




なぜ彼女に「気品」を感じるのか?オードリーになれる50の小さな習慣

Book
なぜ彼女に「気品」を感じるのか?オードリーになれる50の小さな習慣

著者:中谷 彰宏

販売元:PHP研究所

Amazon.co.jpで詳細を確認する


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやすみ

 皆さんこんにちは。今日は、昨日書いた通り、お見合いでした。うまく行ったら、いろいろ書こうと思っていましたが、残念ながら、失敗。理由は、詳しくは書けませんが、一言で言うと、「次も会って、その次も会って…」と思えるような人ではなかった、ということです。
 しかも、今日は寝不足です。なぜか、寝られなくって…。これからのことは、又、起きて考えようかな、と。就職とかね。今は、疲れてるから、気力が萎えて、いろいろマイナス方面に考えて、それをうだうだと書いてしまいそうなので、お休みします。
 訪れてくださった皆さん、こんな更新で、本当に、ごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

何の言いがかりか。

 皆さんこんばんは。ちょっと更新が遅れてしまいました。アップする頃には、日付が変わると思います。すみません。
 遅れた理由は、ま、いろいろとありまして、体調不良で一日中寝ていたとか、何度も同じ夢を見て、ブルーになったとか、明日お見合いだからとか…(だったら最初っからするって言うな)。
 ちなみに、向こうがすごく張り切っているそうで、そう言うのってしんどいな、と思っていたら、親に「別に、あんたやから張り切ってる訳ちゃうやろ、お見合い自体に張り切っとんやろ。」と言われ、自分の相変わらずの身の程知らずなうぬぼれっぷりに恥ずかしい思いをしつつもほっとし、気分が軽くなりました。
 さて、最近、バトル系のエントリばかりアップして、昨日はちょっと中休みしましたが、元々が好戦的な性格だからでしょうか、それとも、相手が私にケンカを売っているのでしょうか(多分前者)、又見つけましたよ。あるブログで。バトル系をお好みの皆さん、お待たせしました。全開で飛ばします。
mumurブルログ:【教育勅語幼稚園】東京新聞も私立幼稚園の教育方針に干渉中
今回報道被害を受けた幼稚園:塚本幼稚園幼児教育学園  さくら幼稚園
 私のブログを訪れてくださる方はまず大丈夫と思いますが、念のため。いたずらや、嫌がらせメールはしないようにお願いいたします。応援メールなら、大丈夫かと思います。
さて、本題(というかつっこみ)。 え〜、東京新聞さん、ちょっといいですか?まず、最初に伺いますが、あなた(この記事を書いた記者)は、教育勅語の中身をざっとでも読んだのでしょうか。読んでないのなら話になりませんが、とりあえず、 こちらを確認することをお勧めします。
 一応、コピペを。

教育勅語 十二の徳目
孝行      親に孝養をつくしましょう
友愛       兄弟姉妹は仲良くしましょう
夫婦ノ和    夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友ノ信    友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜      自分の言動をつつしみましょう
博愛     広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学習業    勉学に励み職業を身につけましょう
智能啓発    知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器成就    人格の向上につとめましょう
公益世務    広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法      法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇      正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

 どこに問題があるのでしょうか?あなた方サヨクは、こういうことを教えていたから、戦争になった!!と言うかもしれませんが、「こういうこと」の中身を読まずにただ、戦前に教えていたという理由だけでたてついているようですね。ああ、何と頭が固いんでしょう。ていうか、単純。もしかして、脊髄反射以前に、細胞反射していませんか?だって、単細胞っぽいから。
 むしろ、こういうことを否定してきたことが、今日の学力低下、非行化を招く結果となったのではありませんか?ああ、こういう事態にしたかったから、あなた方は、個人が大切とか、国家の時代じゃないとか、義務より権利だとか、ジェンダーフリーという家族破壊思想だとかを公言してはばからないのですね、よく分かりました。第一、親に孝行を尽くすのがいかんというあなた方は、木の股から産まれてきたのですか?
 私なんか、こういうことを全て守らせたら、日本の美徳を再生でき、再び外国から尊敬されるような国に還れるのではないかと思いますよ。
 後ですね、これは基本中の基本だと思うのですが、一応書いておきます。
 これらの幼稚園は、私立ですよね?だとすると、親は、その幼稚園が、どのような精神で、どのような教育方針で育てているかは、もちろん受験させる前に調べるわけだし、HPでもどうどうと天皇家を尊敬するような画像を載せている幼稚園ですから、当然、入園案内にもその旨を書いているはず。それを知った上で、親がそこを選択しているのだから、それに部外者がごちゃごちゃ言うべきではないと思います。それとも、あなたは保護者を侮辱しているのですか?
 よって、「保護者が『知らなかった。』と戸惑いを見せている」という文章は、嘘。あまりの反日嗜好のせいで、冷静さを失っているどころか、幻聴まで聞こえているようです。それとも、虚言癖でもあるのですか?どれにしても、記者失格です。
 このような、物事の真偽や意味も調べないで、ただただイメージだけで糾弾する新聞社に、私たちはどう対処してゆけばいいのか…。まあ、購読しなければいいだけのことですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

説得

 皆さんこんばんは。今日は、梅雨前線が東日本から西日本まで張り出して、雨が多かったことと思います。雨が多いとブルーになる方もおられるかもしれませんが、私の住む地域では元々降水量が少なく、毎夏には水不足に悩まされているため、ブルーな気持ちばかりではありません。特に、雨音は好きです。激しければ激しいほど。もっとも、この辺りでも、そう思うのは、私だけかもしれませんが。
 さて、皆さんは、人を説得する時、何を最も心がけますか。私は、いかに自分の言っていることが正しいか、それを分かりやすく、しかも非の打ち所のないように言おうという気持ちが大きかったように思います。ある時までは。
 しかし、その考えでの説得は、正しくなかったのです。
 その考えで人を説得しようとすると、どうしても、自分の価値観や考えを押し付けてしまうことになる。それが、世間的に普通のことならば、まだ許せるでしょう。しかし、その価値観などが、自分独自のものなら…。
 それに、相手にだって、価値観や考え方はあるし、そうなるまでには、そうなるまでの環境があったと思うのです。それを認めず、ただ自分の価値観を押し付けて、あなたは間違っている、「私の方が正しい、だから、わたしの考えをあなたも受け入れなさい」というのは、ただのだだっ子に過ぎない。
 私には、人に何か言われると、口答えしてしまうと言う悪癖があるようです。だから、説得する時にもそれが働いてしまうのかも知れない。そもそも、人を説得しようと、しかも、その場で考えを変えさせようと考えるのは、おこがましいと言うか、傲慢なのではないか、とあるとき気づいたのです。そして、そう言う自分は、説得=人の心を征服することと、勘違いしていないだろうか、と考えるようになりました。
 そして、ある時、自分なりに答えが出ました。このように。
 その場でその人が納得しなくてもいいじゃないか、その後、何日か後でも、何年、何十年後でもいい、その人と、まだ付き合いがあるにしろ、ないにしろ、その人が、私の言葉を思い出して、「ああ、あの人があのとき言った意味は、こういうことだったんだなぁ。」と思い出せればそれでいい。たとえ、思い出さない、または、納得できないなら、それはそれでいいではないか。
 こう考えると、楽になりました。説得に限らず、会話とは、そう言うもののような気がします。私にとって、「人に価値観等を押し付けないこと」の秘訣とは、もっと大きく言うならば、長くその人との付き合いを続けることの秘訣とは、そう言うことかもしれません。
 ここから独り言。
 私はね、単純なくせにいろんなことを複雑に考える傾向がある。単純ならば、単純なように、それを受け入れて生きて行ければ楽なんだろうけどね、それをまだ素直に受け入れられてないような気がする。難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »