« 友人のありがたみ | トップページ | 復縁のおまじないだって。 »

正義

 皆さんこんばんは。今夜は、ちょっといい波が来ていますので、それが引いてしまわないうちに、ちょっと、思っていることを書きます。
 正義って、何なんでしょうか。いきなり直球ですみません。そもそも、正義には、しっかりとした定義はあるのだろうか…。もちろん、国語辞典に正義という意味は書いてあったと思います。しかし、それでは、私の心は納得しません。傲慢でごめんなさい。なぜなら、正義とは、人によって違ってくると思うからです。いわば、「絶対正義」など、存在しないと思うのです。
 その正義がぶつかる最もたるものが戦争。高々六十年前、日本は、連合国相手に無謀とも言える戦争を展開しました。大東亜戦争がそれですが、結果は悲惨。私の祖母は、その当時仕事で京都にいましたが、「この戦争は勝てない、死ぬかも知れない、どうせ死ぬなら、お母さんのそばで死にたい。」と思い、故郷に帰ったそうです。
 私の祖母でさえ、戦争に勝ち目がないことを知っていた、ならば、兵隊さんは、もっと知っていたのではないでしょうか。なのに、なぜと言われたら、私は、兵隊さんのお話を直に聞いたことはないし、経験したこともない。しかし、「英霊の言の葉」は、少しながら読んでいます。なぜ、自分が無謀とも言える戦争に飛び込んで行ったか…。愛する人、家族を守るためもあったでしょう、民族の誇りもあった、そして、自分の国を正義と信じる気持ちもあったと思います。
 しかし、連合国側にも正義はあったのです。その正義が、私たち日本人に受け入れられる正義かどうかは別として。正義は、かくも、自分本位な意味を持つのかも知れない。もしかしたら、正義ほど、自己中心的な言葉はないと思ったりもします。
 そんな私ですが、十年ほど前、「ハックルベリー・フィンの冒険」をテーマに、卒論を書きまして、卒論ですから、本を何回も読み込むのです。その中に、私の答えがありました。
 そこでは、ハックと一緒に行動した二人の詐欺師がいて、ハックは、彼らを嫌っていたのですが、いよいよ詐欺師が捕まって、罵倒されたりしながら連行されて行く時、ハックは思うのです。「正義ほど、わけも分からず人を責めるだけのものはない。」
 私は、そこに、「自分を正義と思い込むことの恐ろしさ」を見ました。正義を持つことが、悪いとは思いません。でも、何かを主張する時に、一拍おいて、自分だけの正義に固執してないか、と考えようと思っています。とか言いつつ、自分の正義でいろいろ語ってしまうんでしょうけどね(;^_^A
 絶対正義は、ないか、あっても、限りなく少ない。
 このことを、いつも心に秘めつつ、人と触れ合ってゆきたいと思います。特に、人と意見が食い違った時には。
 あ、でも、人を殺してはいけないとか、犯罪に対する正義感は、問答無用で肯定しますよ。(何か、尻切れとんぼだなぁ)

|

« 友人のありがたみ | トップページ | 復縁のおまじないだって。 »

「思想・考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/103277/2220154

この記事へのトラックバック一覧です: 正義:

« 友人のありがたみ | トップページ | 復縁のおまじないだって。 »